スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13 アイビスSD回顧

13アイビスSD回顧メモ
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
①ビラゴーティアラ
美W 単 68.3-51.9-38.4-13.5 強め
大きく動けており活気がある、バテテきた所をさらに追われ負荷も十分、いい仕上がり具合 ▲
 
②インプレスウィナー
美南P 単 64.7-50.6-37.7-11.9 馬なり
ピッチ走法の馬、この馬なりに仕上がっていそう △
 
③アフォード
函D 81.0-65.0-51.1-37.8-12.0 末強め
単走でも集中できており、馬が追い出す合図を待っている様に感じられる、動きもよく好仕上がり ○
 
④フォーエバーマーク(2着)
美南P 併走 53.0-39.0-11.8 末強め
この馬なりの仕上がりでゴール過ぎても走っていた ▲
 
⑤コンフォーコ
栗坂 単 52.2-37.9-24.8-12.3 末強め
集中して真っ直ぐ走れている、顔つきもよくいい感じ ▲
 
⑥ローブドヴルール
美坂 併走 50.7-36.9-24.0-11.7 末強め
意欲的に自分から走っているように見える、しっかり併せ馬をし、終いに追われて反応した ○
 
⑦スギノエンデバー
栗坂 57.6-41.2-26.5-13.1 馬なり
混んでいる時間帯の追切り、追えば時計は出るんだろうが折合専念と言った調教内容、同馬は調教は走らないが確実な終いのある馬なので無視はできない ○
 
⑧プリンセスメモリー
美坂 単 54.0-38.8-25.1-12.3 馬なり
ピッチ走法で足の回転早い、後躯が強そうでスピードがありそう、もう少し真直ぐ走れるとなお良い ○
 
⑨デュアルスウォード
映像無し
 
⑩アンシェルブルー
映像無し
 
⑪パドトロワ
函D 単走 86.0-69.8-55.0-41.3-14.2 馬なり
集中して走れているが終いはバテた、調子は悪くなさそうだが今回は斤量が59と鬼なので見送り決定 △
⑫カラフルデイズ
映像無し
 
⑬ハクサンムーン(1着)
栗坂 単走 54.3-38.9-25.3-12.8 馬なり
ラチ沿いを真っ直ぐ走り、終いは一杯になっている負荷の十分で臨戦態勢は整った ▲
 
⑭リトルゲルダ(3着)
栗坂 単走 54.2-39.1-25.5-12.9 馬なり
集中して走れているが最後は自分から辞めてしまった、この馬なりに仕上がっていそう ▲
 
⑮アウトクラトール
栗CW 単走 82.5-65.7-50.7-37.6-12.2 強め
集中力が見られるこの馬なりの調教 △
 
⑯ヤマニンパピオネ
栗坂 単走 52.8-37.8-24.4-12.3 末一杯
集中して走れているが何か今一つ足りない ▲
 
⑰レオパステル
美坂 単走 51.0-36.8-24.1-12.1 馬なり
馬場がきれいな時間帯の追い切り、ラチ沿いを集中して走れているが終いはバテたかスピードダウン ▲
 
⑱スプラッシュエンド
美坂 3併 54.9-39.2-25.1-12.9 馬なり
この馬なり
※調教評価
⦿
◎ 
○ ③アフォード(16着) ⑥ローブドヴルール(9着) ⑦スギノエンデバー(7着) ⑧プリンセスメモリー(11着)
 
 
◎ ③アフォード(16着)
○ ⑦スギノエンデバー(7着)
▲ ⑧プリンセスメモリー(11着)
△ ⑬ハクサンムーン(1着)
反省…すべて調教評価▲の馬が上位を占めている。
ハクサンムーンについては1番人気と言う事で割引した。
フォーエバー、リトルゲルダは調教を見る前から馬柱の段階で軽視していたためよく考察できていなかった。今回の結果は本当にひどい、初心に戻って心を無にして調教映像を見ないといけない。
 
今後に繋がるいい競馬をした馬
⑬ハクサンムーン 短距離において、強い逃げ馬と言うのは崩れにくいと思う。大敗するまでは買い続けてよさそう。
 
④フォーエバーマーク とにかく強かった、今が充実期だろう。
 
スポンサーサイト

13 クイーンS回顧

13クイーンS分析メモ
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
①オールザットジャズ(3着)
函芝 併走 64.0-50.0-37.4-12.0 末強め
馬なりで追っている併走馬に抜かせない、追ってからの反応・伸びよし ○
 
②クィーンズバーン
W 単走 55.7-41.1-12.5 強め
溜逃げイメージか、追われてからの反応は良いが少し首が高い ▲
 
③コスモネモシン
W 単走 67.9-53.2-39.1-13.3 馬なり
トビが大きく、馬なりでもやる気有、前走の調教も良く見えたがシンガリ負け、調教よく見せるのか ▲
 
④セレブリティモデル
W 3併 68.5-52.6-38.6-12.5 一杯
しっかりと併せ馬で負荷をかけている、併走には遅れた ▲
 
⑤アイムユアーズ(1着)
函W 単走 67.3-53.0-39.4-12.4 馬なり
馬なりでほぼもったままで駆け抜けた、良い状態 ○
 
⑥スピードリッパー(2着)
美W 併走 68.5-52.1-38.3-13.2 馬なり
集中力は見える、この馬なりの追い切り △
 
⑦マルセリーナ
函芝 単走 59.8-44.1-12.5 末強め
キャンターかなと思わせてからの末強め、調整程度 △
 
⑧キャトルフィーユ
W 岩田 併走 67.5-52.7-39.3-12.9 馬なり
調整程度の追い切りか、岩田騎手騎乗で感触を確かめている感じ ▲
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ 無し
 
○ ①オールザットジャズ3着) ⑤アイムユアーズ(1着) ⑧キャトルフィーユ(5着)
 
※展開・脚質分布
 
a ②クィーンズバーン
 
b ⑤アイムユアーズ ⑧キャトルフィーユ
 
b ①オールザットジャズ ③コスモネモシン ⑥スピードリッパー
 
追b ④セレブリティモデル ⑦マルセリーナ
 
枠の恩恵を受けそうな馬
特になし
 
※函館競馬場1800mの傾向
特徴:スタートから300m程度で1コーナー、スタートから2コーナーまで600m区間ほぼ下り坂、600m~1400m(800m区間)程度まで上り坂、1400~1700程度まで下り坂(4コーナーあり)1700~1800フラット、直線262m(短い)
 
ポイントとして、特に4コーナーの下り坂とはスピードがついて迎えるため小回り巧者と呼ばれる器用さが必要とまた、直線も短い為長くいい足が必要思われる。
 
小回り巧者
① オールザットジャズ(3着)
 
長足
① オールザットジャズ(3着) ⑦マルセリーナ
 
想定ペース 
 
ラップ
1:49.4
12.6-11.5-11.6-12.1-12.3-12.2-12.3-12.3-12.5(35.7-37.1)H
(函館競馬場の特徴ラップ H 一本調子ラップ)
 
S~M(ハズレ) 一定型ラップ(ハズレ) 
 
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性
⑤アイムユアーズ(1着) ⑥スピードリッパー 
 
※距離適性
①オールザットジャズ(3着) ③コスモネモシン ④セレブリティモデル
最終判断 
◎①オールザットジャズ (3着)
やはり、小回り巧者で牝馬重賞クラスでは安定感がある軸にしていい存在、今回はラップも向き+16kgながらも好走した、次走も楽しみ。
○⑧キャトルフィーユ(5着)
最終コーナー付近で
▲⑤アイムユアーズ(1着)
調教が良く好走するとは思っていたが1番人気では妙味が無かった為▲にしたのがそもそもの間違いだった。素直にジャズとのワイドを買っていれば…、スピードリッパー・同馬共にコース適性で名前を挙げていた馬やはり、北海道は適正がものを言うと改めて痛感した。以降は北海道開催は適性判断のロジックの優先順位を上げる。
注②クィーンズバーン(8着)シンガリ負け
その他
マルセリーナはHに対する耐性(底力)が足りなかったのか終いは足が上がってしまった、このことは今後も覚えておかなといけない。
 
次走に繋がる競馬をした馬
①      オールザットジャズ(牝馬限定・小回り重賞では鉄板)

13 アイビスSD 分析メモ

13アイビスSD分析メモ
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
①ビラゴーティアラ
美W 単 68.3-51.9-38.4-13.5 強め
大きく動けており活気がある、バテテきた所をさらに追われ負荷も十分、いい仕上がり具合 ▲
 
②インプレスウィナー
美南P 単 64.7-50.6-37.7-11.9 馬なり
ピッチ走法の馬、この馬なりに仕上がっていそう △
 
③アフォード
函D 81.0-65.0-51.1-37.8-12.0 末強め
単走でも集中できており、馬が追い出す合図を待っている様に感じられる、動きもよく好仕上がり ○
 
④フォーエバーマーク
美南P 併走 53.0-39.0-11.8 末強め
この馬なりの仕上がりでゴール過ぎても走っていた ▲
 
⑤コンフォーコ
栗坂 単 52.2-37.9-24.8-12.3 末強め
集中して真っ直ぐ走れている、顔つきもよくいい感じ ▲
 
⑥ローブドヴルール
美坂 併走 50.7-36.9-24.0-11.7 末強め
意欲的に自分から走っているように見える、しっかり併せ馬をし、終いに追われて反応した ○
 
⑦スギノエンデバー
栗坂 57.6-41.2-26.5-13.1 馬なり
混んでいる時間帯の追切り、追えば時計は出るんだろうが折合専念と言った調教内容、同馬は調教は走らないが確実な終いのある馬なので無視はできない ○
 
⑧プリンセスメモリー
美坂 単 54.0-38.8-25.1-12.3 馬なり
ピッチ走法で足の回転早い、後躯が強そうでスピードがありそう、もう少し真直ぐ走れるとなお良い ○
 
⑨デュアルスウォード
映像無し
 
⑩アンシェルブルー
映像無し
 
⑪パドトロワ
函D 単走 86.0-69.8-55.0-41.3-14.2 馬なり
集中して走れているが終いはバテた、調子は悪くなさそうだが今回は斤量が59と鬼なので見送り決定 △

⑫カラフルデイズ
映像無し
 
⑬ハクサンムーン
栗坂 単走 54.3-38.9-25.3-12.8 馬なり
ラチ沿いを真っ直ぐ走り、終いは一杯になっている負荷の十分で臨戦態勢は整った ▲
 
⑭リトルゲルダ
栗坂 単走 54.2-39.1-25.5-12.9 馬なり
集中して走れているが最後は自分から辞めてしまった、この馬なりに仕上がっていそう ▲
 
⑮アウトクラトール
栗CW 単走 82.5-65.7-50.7-37.6-12.2 強め
集中力が見られるこの馬なりの調教 △
 
⑯ヤマニンパピオネ
栗坂 単走 52.8-37.8-24.4-12.3 末一杯
集中して走れているが何か今一つ足りない ▲
 
⑰レオパステル
美坂 単走 51.0-36.8-24.1-12.1 馬なり
馬場がきれいな時間帯の追い切り、ラチ沿いを集中して走れているが終いはバテたかスピードダウン ▲
 
⑱スプラッシュエンド
美坂 3併 54.9-39.2-25.1-12.9 馬なり
この馬なり

※調教評価
⦿無し

◎無し

○ ③アフォード ⑥ローブドヴルール ⑦スギノエンデバー ⑧プリンセスメモリー 
 
 最終判断
◎  ③アフォード
○    ⑦スギノエンデバー
▲   ⑧プリンセスメモリー
△  ⑬ハクサンムーン
 注  ⑨デュアルスウォード

13 クイーンS分析メモ

13クイーンS分析メモ
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
①オールザットジャズ
函芝 併走 64.0-50.0-37.4-12.0 末強め
馬なりで追っている併走馬に抜かせない、追ってからの反応・伸びよし ○
 
②クィーンズバーン
W 単走 55.7-41.1-12.5 強め
溜逃げイメージか、追われてからの反応は良いが少し首が高い ▲
 
③コスモネモシン
W 単走 67.9-53.2-39.1-13.3 馬なり
トビが大きく、馬なりでもやる気有、前走の調教も良く見えたがシンガリ負け、調教よく見せるのか ▲
 
④セレブリティモデル
W 3併 68.5-52.6-38.6-12.5 一杯
しっかりと併せ馬で負荷をかけている、併走には遅れた ▲
 
⑤アイムユアーズ
W 単走 67.3-53.0-39.4-12.4 馬なり
馬なりでほぼもったままで駆け抜けた、良い状態 ○
 
⑥スピードリッパー
美W 併走 68.5-52.1-38.3-13.2 馬なり
集中力は見える、この馬なりの追い切り △
 
⑦マルセリーナ
函芝 単走 59.8-44.1-12.5 末強め
キャンターかなと思わせてからの末強め、調整程度 △
 
⑧キャトルフィーユ
W 岩田 併走 67.5-52.7-39.3-12.9 馬なり
調整程度の追い切りか、岩田騎手騎乗で感触を確かめている感じ ▲
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ 無し
 
○ ①オールザットジャズ ⑤アイムユアーズ ⑧キャトルフィーユ
 
※展開・脚質分布
 
a ②クィーンズバーン
 
b ⑤アイムユアーズ ⑧キャトルフィーユ
 
b ①オールザットジャズ ③コスモネモシン ⑥スピードリッパー
 
追b ④セレブリティモデル ⑦マルセリーナ
 
枠の恩恵を受けそうな馬
特になし
 
※函館競馬場1800mの傾向
特徴:スタートから300m程度で1コーナー、スタートから2コーナーまで600m区間ほぼ下り坂、600m~1400m(800m区間)程度まで上り坂、1400~1700程度まで下り坂(4コーナーあり)1700~1800フラット、直線262m(短い)
 
ポイントとして、特に4コーナーの下り坂とはスピードがついて迎えるため小回り巧者と呼ばれる器用さが必要とまた、直線も短い為長くいい足が必要思われる。
 
小回り巧者
① オールザットジャズ
 
長足
① オールザットジャズ ⑦マルセリーナ
 
想定ペース 
S~M 一定型ラップ
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性
⑤アイムユアーズ ⑥スピードリッパー 
 
※距離適性
①オールザットジャズ ③コスモネモシン ④セレブリティモデル
最終判断 
◎①オールザットジャズ
○⑧キャトルフィーユ
▲⑤アイムユアーズ
注②クィーンズバーン
 

13 中京記念回顧

13中京記念回顧
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ 無し
 
○ ①ワイスリー 5着 ④ランリョウオー 10着 ⑥ドナウブルー 4着 ⑫ミッキードリーム 2 ⑯フラガラッハ 1着
※展開・ラップ
 
枠の恩恵を受けそうな馬
⑥ドナウブルー ④ランリョウオー ⑤リルダヴァル
 
ラップ
12.9-11.5-11.3-11.5-11.5-11.3-11.7-11.8 (35.7-34.8)Sの長足ラップ
 
※中京競馬場1600mの傾向は難しくて分からない
長くいい脚を使える馬 ③フレールジャック ⑤リルダヴァル 3 ⑥ドナウブルー 4
 
瞬発型
④ランリョウオー
 
想定ペース 
S (的中)
バイアス 
外差し馬場
※競馬場適性
⑧ウインドジャズ
 
※距離適性
④ランリョウオー
最終判断 
外差し想定、非常に難解で大荒れもあり得る為、購入は控える
◎⑯フラガラッハ   1
○④ランリョウオー 10着
▲⑬ザラストロ    7着
△⑨ムクドク      9
買うなら ⑯フラガラッハ 複勝(的中)+④―⑯ワイド(ハズレ)
(実馬券 ハズレ)
反省… 自分の予想ロジック優先順位は調教評価→その他適性・ラップである。
そのロジックの通りに(当初調教評価馬の馬連ボックス購入の予定であった)していれば獲れたレースだった、さらに、人気先行だったランリョウオーについて同馬は瞬発力勝負のレースばかりを勝ち上がってきており、今レースのラップに向かないのではと薄々感じていたが、メディア・人気に流され実馬券では軸指定してしまった。もう少し自信を持って自分のロジックを信じて精進する。リルダヴァルはあの調教じゃ買えなかった、自分の目は節穴である仕方ない。
 

13 中京記念分析メモ

13中京記念分析メモ
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
①ワイズリー
栗坂 併走 54.7-38.9-24.3-11.7 馬なり
しっかり折り合って反応良く伸び先着、好印象終いの時計は優秀 ○
 
②オセアニアボス
栗坂 併走 55.0-39.9-25.7-12.7 馬なり
意図的に折り合わせて、しっかり併せ馬をしている調教、負荷十分 ▲
 
③フレールジャック
P 単走71.7-55.3-40.1-12.3 馬なり
キャンターかと思うくらいの追い切り、P追いは良く見えるのが普通だがこれはお世辞にも良いとは言えない △
 
④ランリョウオー
栗坂 単走 53.9-38.7-24.9-12.2 末強め
集中して走れており、反応良好、追われた後にトビが大きくなった ○
 
⑤リルダヴァル
CW 3併 83.4-66.8-52.0-38.5-12.0 末強め
内で追われているがイマイチ伸びない、併せ馬最後着 △
 
⑥ドナウブルー
栗坂 併走 52.0-37.9-24.6-12.2 強め
少し体の大きい助手を背に追い切り、追われてしっかり伸びており状態はよさそう ○
 
⑦アカンサス
美南W 単走 70.2-54.5-40.6-13.4 馬なり
調整程度の追い切り、活気は見られない △
 
⑧ウインドジャズ
栗坂 単走 54.0-38.9-25.3-12.6 馬なり
調整程度の追い切りだが、集中力が感じられる ▲
 
⑨ムクドク
美南W 単走 54.0-39.3-13.1 一杯
馬場荒れている時間の追い切り、ベロ出しているのはあまりいい事とは聞かないが馬自体集中できているように見える、反応はまあまあで負荷も掛っていそう ▲
 
⑩セイクリッドセブン
CW 単走 85.4-68.6-53.4-39.1-12.1 末一杯
反応はなかなかこの馬なりに仕上がっている △
 
⑪サトノパンサー
※映像無し
 
⑫ミッキードリーム
栗坂 併走 54.2-39.7-25.5-12.4 終仕掛
調整程度の追い切りと思わせて、少し気合いをつけてとたん顔つきが変わり反応した ○
 
⑬ザラストロ
美南W 単走 65.8-51.5-37.9-12.8 一杯
走りが固めのパワー型に見える、中京の最後の坂は合いそう、追われてからは大きく動けており状態はなかなか ▲
 
⑭ファリダット
栗坂 単 52.3-37.9-24.7-12.3 末強め
さすが、ダートで活躍している馬、集中できている追ってからバテていたのかイマイチ伸びない ▲
 
⑮シャイニーホーク
栗坂 併走 53.4-38.9-25.0-12.5 末強め
しっかり併せ馬が出いている点は良いがズブイのか併走馬に遅れる △
 
⑯フラガラッハ
栗坂 単 50.3-37.3-24.8-12.8 末強め
調教で動かないこの馬が鬼時計、終いはバテたが負荷がかかっている証拠、近走の成績は終わったかと思わせる成績なので悩みどころ ○
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ 無し
 
○ ①ワイスリー ④ランリョウオー ⑥ドナウブルー ⑫ミッキードリーム ⑯フラガラッハ 
 
※展開・脚質分布
 
a 
 
b ⑥ドナウブルー(人)  ⑩セイクリッドセブン ⑫ミッキードリーム ⑮シャイニーホーク 
 
b ①ワイズリー③フレールジャック ④ランリョウオー(人) ⑤リルダヴァル(人)  ⑦アカンサス ⑪サトノパンサー ⑭ファリダット 
 
追b ②オセアニアボス ⑧ウインドジャズ ⑨ムクドク ⑬ザラストロ ⑯フラガラッハ
 
枠の恩恵を受けそうな馬
⑥ドナウブルー ④ランリョウオー ⑤リルダヴァル
 
※中京競馬場1600mの傾向は難しくて分からない
長くいい脚を使える馬 ③フレールジャック ⑤リルダヴァル ⑥ドナウブルー
 
瞬発型
④ランリョウオー
 
想定ペース 
S
バイアス 
外差し馬場
※競馬場適性
⑧ウインドジャズ
 
※距離適性
④ランリョウオー
最終判断 
外差し想定、非常に難解で大荒れもあり得る為、購入は控える
◎⑯フラガラッハ
○④ランリョウオー
▲⑬ザラストロ
△⑨ムクドク
買うなら ⑯フラガラッハ 複勝+④―⑯ワイド 

13 函館記念分析メモ

13函館記念分析メモ
七夕賞の反省より調教評価をより細分化する
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
① アンコイルド
D 単走 83.1-67.0-52.9-39.1-12.6 末一杯
パワー型の走りで洋芝も合いそう、反応もなかなかで好仕上がり ▲
 
② イケドラゴン
W 併走 71.4-55.2-40.0-12.4 末一杯
終いに仕掛けられ反応が良い、馬自体にやる気も見られる▲
 
③ コスモラピュタ
W 併走 大野 67.7-53.4-39.5-13.4 一杯
併走馬に遅れるが併走馬がすごくいいのでこの馬自体もハードに追われ及第点 ▲
併走馬 マイネルゴスホーク
 
④ ネオブラックダイヤ
W 連闘の為軽めの調整 キャンター
 
⑤ レインボーダリア
強めに追われてしっかり併せ馬で来ており負荷は掛っていそう。 ▲
 
 
⑥ エアソミュール
W 併走 和田 69.7-53.7-39.7-12.4 馬なり
騎手を背に追い切り、少し追うとすごい加速を見せしていったすごく調子も良さそう。終いは遅れたが意図的にあまり追っていないからであろう ○
 
⑦ ネヴァブション
D 単走 81.0-65.2-51.4-38.3-12.1 末強め
単走でも集中できており鞍上の手が動かなくても加速しておりいい状態、終いに仕掛けると抜群とは言えないがなかなかの反応で状態はよさそう、動き自体も大きく動けている。 ▲
 
⑧ トウケイヘイロー
W 単走 68.1-53.1-39.1-12.5 軽く仕掛け?
近走の充実ぶりを感じさせる追切、馬自身が走っており軽く仕掛けたのか、手前を変えたのか解らないが、それに反応している、動きも大きく好印象、今回目標にされそうなので厳しめに判断した方がよさそう ○
 
 
⑨ サトノギャラント
W  単走 67.7-53.5-39.9-12.9 馬なり
馬なりでの追切か、見せムチにはあまり反応が見られないのが少し残念、調整程度か ▲
 
 
⑩ トウカイパラダイス
W 併走 柴山 66.6-52.9-38.7-12.8 末一杯
騎手を背に追切、じっくり併せ馬をして追われてからしぶとく伸びさらに鞭を入れられ負荷もかけられている、さすが実績馬 ○
 
⑪ カリバーン
美浦坂 3併 53.6-38.6-24.4-12.1 馬なり
三頭併せ馬で馬なりで最先着出来ているのは良い、調子は良さそう ▲
 
⑫ コスモネモシン
D 併走 丹内 68.6-54.3-39.3-12.1 馬なり
併走相手(ローレルナガバナシ)がしょぼいのかわからないが馬なりで置き去り、体中を使って動けて集中力が感じられ非常に良い ○
 
⑬ ホッカイカンティ
馬自身にやる気が見られ大きく動けており非常に良い調教、この馬については良く精査する必要がありそう ○
 
⑭ モズ
この馬なりの調教 △
 
 
⑮ アスカクリチャン
函芝 併 65.2-48.9-35.4-11.7 一杯
かなりハードに追われている、鞍上も岩田騎手手配でヤリ気配ムンムンか、馬自体も反応良くやる気が伺える。○
 
 
⑯ メイショウウズシオ
W 単走 四位 65.6-51.6-38.6-13.7 一杯
騎手を背に追切一杯に追われ負荷は十分、動きは少し固めで首が高い感じがする。 △
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ 無し
 
○ ⑥エアソミュール ⑧トウケイヘイロー ⑪トウカイパラダイス ⑫コスモネモシン ⑬ホッカイカンティ ⑮アスカクリチャン
 
※展開・脚質分布
 
a ⑭モズ
 
b ⑧トウケイヘイロー(人)
 
b ②イケドラゴン ③コスモラピュタ ⑥エアソミュール(人) ⑩トウカイパラダイス 
 
a ⑨サトノギャラント(人) 
 
b ①アンコイルド ④ネオブラックダイヤ ⑤レインボーダリア ⑪カリバーン ⑮アスカクリチャン ⑯メイショウウズシオ 
 
追b ⑦ネヴァブション ⑫コスモネモシン ⑬ホッカイカンティ 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
 ②イケドラゴン ③コスモラピュタ ④ネオブラックダイヤ ⑤レインボーダリア ⑥エアソミュール
 
※函館記念の傾向
過去の傾向として 時計の遅い Hペースの直線手前で息が入るペースが多いその為、「底力と瞬発力」が必要とされ実力のある馬でないと勝ちきれないと思われる。
 
該当馬 
⑧トウケイヘイロー
 
想定ペース H
 
バイアス 
 
※競馬場適性
⑬ホッカイカンティー ⑭モズ ⑤レインボーダリア
 
※距離適性
①アンコイルド ⑪カリバーン ③コスモラピュタ
 
最終判断 上位拮抗なので意外と人気の無くおいしい 
⑮アスカクリチャンから⑤レインボーダリア ⑥エアソミュール ⑧トウケイヘイロー ⑨サトノギャラント ⑩トウカイパラダイス上位人気馬を含めた買い方。
大穴 ⑫コスモネモシン
 

2013上半期回収率

 当初の大目的回収率の結果、回収率 111% 的中率 29% 
感想…回収率はプラスで満足だが、実質前半戦の奇跡的な万馬券ラッシュのおかげであって波が激しすぎるのは解消しなければならない堅実な問題、精度を向上させるためには、圧倒的に足りない展開力が必要と思う。日々精進


上半期成績

13 七夕賞分析

13 七夕賞分析
※調教評価
①マックスドリーム
栗坂 単走 53.2-38.5-25.5-13.2 馬なり
調整程度の追い切り、馬なり・単走だが真っ直ぐ走れて集中力がある、仕上がり良好 ▲
 
②タガノエルシコ
栗坂 単走 53.4-38.9-25.2-12.4 馬なり
調整程度の追い切り、馬なりだが集中できている ▲
 
③タムロスカイ
栗坂 単走 54.7-39.4-25.2-12.4 末軽く追う
調整程度の追い切りだが集中して走れている、終いに軽く追われたが反応はまあまあ ▲
 
④ マイネルラクリマ
美南W ほぼ単走 71.2-55.3-39.6-12.9 末強め
勢い良く大外を馬なりで周回し大きく先行している併走馬を軽く突き放す好内容、馬自体にやる気がみられいい状態に仕上がっているのが伺える ◎
 
⑤ダコール
栗坂 単走 54.0-38.5-24.8-12.6 強め
真っ直ぐ走れており、集中は出来ているかと思われる。反応は普通でイマイチびゅっと伸びる感じが無いのが残念 ▲。
 
⑥トシマザキ
栗坂 併走 54.6-38.9-24.8-12.3 強め
この馬なりには走っている △
 
⑦ケイアイソウソジン
美南W 単走 66.9-51.2-37.0-13.3 馬なり
この馬なりの走りか?コースの位置取りから言うと時計はイマイチ △
 
⑧モンテエン
美南W 併走 横山典 79.8-65.2-51.1-38.0-12.8 末強め
騎手騎乗での追い切り、首が高い走り方で反応は普通だが走り自体は良い ▲

⑨サトノパンサー
栗坂 併走 53.2-37.7-24.0-11.9 一杯
鞍上の体が大きく一杯に追われ非常に負荷がかかっている追い切り、内容も併走馬に抜かせないし好気配 ○(中山とか合いそうな走り)
 
⑩トレイルブレイザー
栗坂 3併 84.4-68.1-52.8-38.8-12.0 
内で追われ、集中は出来ているが終いは遅れたが及第点と言った所か ▲
 
⑪ナリタクリスタル
CW 併走 86.5-69.4-54.5-39.9-12.2 末強め
走り自体は悪くは無いが、首が高く見える、買いのタイミングではない ▲
 
⑫エクスペディション
栗坂 単走 54.7-39.8-25.8-12.6 強め
ラチ沿いを馬なりに走行し追出された。気配はまずまず ▲
 
⑬ファタモルガーナ
栗坂 単走 川島信 52.6-38.2-24.8-12.5 末一杯
騎手騎乗の追い切り、馬にも集中力が見られ、気合いをつけられるとトビが大きくなり反応が良い、好印象 ○
 
⑭ラッキーバニラ
美南P 併走 江田照 83.6-67.0-52.6-39.0-12.8 末強め
しっかり併せ馬をするような追い切り、最後まで集中できているのは良い ▲
 
⑮オートドラゴン
※映像無し
 
⑯ユニバーサルバンク
CW 併走 79.7-64.0-50.9-38.0-12.5 末一杯
終始集中できて走れている印象。反応も良い ○
 
 
※調教評価
◎ ④マイネルラクリマ
 
○ ⑨サトノパンサー ⑬ファタモルガーナ ⑯ユニバーサルバンク 
 
※展開・脚質分布
 
a 不在
 
b ③タムロスカイ ④マイネルラクリマ(人)(瞬) ⑦ケイアイドウソジン ⑩トレイルブレイザー(瞬) ⑭ラッキーバニラ ⑯ユニバーサルバンク 
 
b ⑥トシマザキ ⑧モンテエン ⑨サトノパンサー ⑫エクスペディション(人)(瞬) ⑮オートドラゴン
 
追b ①マックスドリーム ②タガノエルシコ ⑤ダコール(人)(持) ⑪ナリタクリスタル ⑬ファタモルガーナ 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
③タムロスカイ ④マイネルラクリマ 
 
※七夕賞の傾向としては時計の遅く長い足の使えるレース質になりやすいが今年は逃げ馬が不在の為、展開の予想が難しい。その中でも、今回逃げそうな馬⑦ケイアイドウソジンであるが同馬は時計のかかる瞬発力勝負が得意である、今回他に逃げそうな馬も見当たらない為この馬の得意な展開に持ち込みそうである。
 
想定ペース S
 
時計が遅い、長い足を使う展開の場合
該当馬 ⑤ダコール
 
瞬発力勝負の場合
該当馬 ⑫エクスペディション
 
バイアス 内枠・先行有利
 
※競馬場適性(小回り巧者)
⑤ダコール ⑫エクスペディション ⑮オートドラゴン 
 
※距離適性
⑤ダコール ⑧モンテエン ⑫エクスペディション ⑯ユニバーサルバンク
 
最終判断
◎ ④マイネルラクリマ
○ ⑫エクスペディション
▲ ⑤ダコール
△ ⑨サトノパンサー
注 ①マックスドリーム
7/7AM変更(ラップ分析により①マックスドリームは適正あり+調教も悪くないし人気どころだけでは物足りない為)

130629-30平場戦結果

とにかく、選出した馬が人気であるにも関わらず結果はひどいものである。

まだまだ、平場戦に手を出すのは早かったと思われる。

とりあえずしばらくは、重賞のみで頑張る。

130629-30結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。