スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13 新潟記念分析メモ

13  新潟記念分析回顧
 
⦿  調教印象のみで軸にしたい馬
◎  調教印象からは軸に選出したい馬
○  調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲  調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△  調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
結果
1着 ④コスマネモシン 道中は経済コースを周回したことで体力の温存が効き、最後の直線での伸びにつながったか(上がり1位)
2着 ⑨エクスペディション 奇策ともいえる逃で最後まで食い下がったが惜しくも2着(上がり2位)
3着 ⑧ファタモルガーナ 出足があまり良くなく先団に着けるのに足を使ってしまった差か(上がり 3位)
タイム
158.9
ラップ
13.0-11.1-11.5-12.0-12.3-12.4-11.9-11.4-10.8-12.535.6-34.7) S 瞬発型ラップ
回顧
1,2着馬は経済コースを周回
1,2,3着馬と上がり3Fの順位が同じ
・稍重発表だが時計は1:58.9とそこまで遅くは無い印象
ラップ的には瞬発力勝負の感がありますが+スタミナが要求されたレースだった。1着と2着の差は斤量の差か?
 
枠順確定です。
    馬名           馬齢  斤量  騎手 
   ①サンシャイン       牝4  52.0  石橋 
   ②ニシノメイゲツ      牡6  53.0  江田照 
   ③ダコール         牡5  56.0  内田 
   ④コスモネモシン      牝6  52.0  松岡 
   ⑤カリバーン        セ6  53.0  田中勝 
   ⑥レインスティック     牡6  53.0  武士沢 
   ⑦カルドブレッサ      牡5  54.0  蛯名 
   ⑧ファタモルガーナ     セ5  55.0  田辺 
   ⑨エクスペディション    牡6  57.0  浜中 
   ⑩ニューダイナスティ    牡4  55.0  戸崎 
   ⑪ブリッジクライム     牝4  51.0  横山典 
   ⑫ラッキーバニラ      牡6  53.0  吉田豊 
   ⑬トレイルブレイザー    牡6  58.0  北村宏 
   ⑭アカンサス        牝5  53.0  柴山 
 
※調教評価
逃げた表現はしない。
①サインシャイン
P 併走 66.1-50.4-36.4-11.4 強め
集中して追い切りに望んでおり、追われてからの反応もよし。いい状態 
 
②ニシノメイゲツ
美坂 単走 53.1-39.6-26.0-12.9 馬なり
単走ながら集中している。調整的な追切この馬なりに仕上がっている印象 ▲ 
 
③ダコール
栗坂 単走 53.0-38.8-25.4-13.0 強め
集中して追い切りに望めているが終いにバテたのか動きが悪くなった 
 
④コスモネモシン(1着)
美坂 単走 51.0-37.8-24.9-12.4 
この馬は割かし調教は良く見せるタイプ、だが今回はフラフラと少し集中力に欠ける面を見せているのは割引材料 △
 
⑤カリバーン
美芝 併走 70.6-53.5-39.1-12.1 馬なり
しっかり併せ馬が出来て集中できている。併走馬に負けない闘争心が有る、道悪なら面白い存在 
 
⑥レインスティック
美南W 単走 68.7-53.3-38.9-13.3 末仕掛
終い重点の追い切り、反応はまずまず、ずっと走っている 
 
⑦カルドブレッサ
CW 単走 81.6-66.2-51.6-38.2-12.1 馬なり
硬めの走りで、前駆が強くパワーがありそうな走法、キレ勝負よりパワー質のレースが得意そうで道悪はこなせそう、また、集中力が見られる。 
 
⑧ファタモルガーナ(3着)
栗坂 併走 54.2-38.7-25.1-12.6 馬なり
集中して追い切りが出来ている。動きが少し硬く見えるがしっかり併走はできている △
 
⑨エクスペディション
栗坂 併走 53.6-39.0-25.5-12.8 一杯(2着)
同馬は調教時鬼時計の出る馬で追われている割には時計が出ていない点は気になる、馬からあまりやる気が見えない気がする △ 
 
⑩ニューダイナスティー
栗坂 併走 53.3-38.5-25.0-12.6 強め
初めは行きたがった、緩めるとぐいぐい伸び馬にやる気が見える。併走馬が結構追っているが軽く気合いを付けただけで抜かせない 
 
⑪ブリッジクライム
美南W 単走 68.6-52.7-39.3-14.4 馬なり
動き自体は悪くなく意図的に走りすぎないようにしているように見える。調整的な追切
 
⑫ラッキーバニラ
美南W 併走 67.1-52.6-39.2-13.1 末強め
ピッチ走法で足の回転が速い、追い切りに集中できており反応が良い、後は力関係 
 
⑬トレイルブレイザー
栗坂 併走 52.3-38.3-25.1-12.6 一杯
結構ハードに追っている、併走馬を抜けないが馬自体は高いレベルで集中出来ている 
 
⑭アカンサス
美坂 単走 52.4-37.8-24.6-12.2 末強め
動き自体はそこまで悪くはない様だが首が高い。この馬なりの調教で正直この出来じゃ厳しい 
 
正直今回あまりいいと思える馬がいませんでした。ですので◎と張り切って言える馬がいませんので○2頭と言う男らしくない判断です。
○評価の2頭もトレイルは併馬遅れすぎだし、ニューダイナスティーは少し行きたがったのが気になりました。
▲は力関係無で純粋に調教だけで判断するとレインスティックの追い切りが好きです。
 
 
調教評価
⦿  無し
 
○⑩ニューダイナスティー5着) ⑬トレイルブレイザー 14着シンガリ)
 
▲⑥レインスティック6着)
 
新潟2000mの特徴について
クラスが上がるにつれて極端な瞬発力勝負になっている為、瞬発力のある馬+斤量の恩恵のありそうな馬をピックアップしたい。
 
 
※展開・脚質分布
 
逃 ⑫ラッキーバニラ⑩ニューダイナスティー
 
先 ①サンシャイン ④コスモネモシン 
 
差 ⑦カルドブレッサ ⑧ファタモルガーナ ⑨エクスペディション ⑪ブリッジクライム ⑬トレイルブレイザー ⑭アカンサス
 
追 ②ニシノメイゲツ ③ダコール ⑤カリバーン ⑥レインスティック 
 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
①サンシャイン ④コスモネモシン ⑨エクスペディション
 
※想定ペース・ラップ適性  
SM 前目からいい足を使える馬が良い
①サンシャイン ⑩ニューダイナスティー ⑬トレイルブレイザー
 
※バイアス  
130824
 
1  芝1600  差-追-先 17-16-4
 
2  芝1800  差-先-追 4-16-6
 
5  芝1400  先-逃-差 4-1-12
 
7  芝1800  追-追-先14-12-4
 
9  芝1600  差-追-逃5-12-7
 
11  芝1400  追-先-差11-1-13
 
12  芝1000      17-15-5
 
 
130825
R   距離   脚質   馬番
1  芝1400  差-先-先 13-7-4
 
3  芝2400  追-差-差 4-10-16
 
5  芝1600  先-先-逃 2-13-10
 
7  芝1000       15-8-3
 
9  芝2000  差-差-差 12-6-16
 
10  芝1400  先-先-差 6-4-18
 
11  芝1600  追-追-差 17-3-18 
 
-3、先-11、差-13、追-9
 
枠順は中より外の方が好走している、先週は全然レースが見れなかったので確認できませんでしたが、これはアウトバイアスとみて良いかな
 
※距離適性(過去2走以上、複勝率上位5頭)
①サンシャイン        【1101】  66.7%
③ダコール          【2133】  66.7%
⑩ニューダイナスティー    【2101】  75%
⑪ブリッジクライム      【2203】  57.1%
⑬トレイルブレイザー     【1123】  57.1%
 
※競馬場適性(過去2走以上、複勝率上位5頭程度)
⑪ブリッジクライム      【1100】  100%
⑦カルドブレッサ       【1010】  100%
⑫ラッキーバニラ       【2100】  100%
適性面より選出
⑪ブリッジクライム
まとめ
調教評価
○⑩ニューダイナスティー ⑬トレイルブレイザー ▲⑥レインスティック
 
枠の恩恵を受けそうな馬
①サンシャイン ④コスモネモシン ⑨エクスペディション
 
想定ペース・ラップ適性  
①サンシャイン ⑩ニューダイナスティー ⑬トレイルブレイザー
 
最終判断  (道悪想定)
◎⑬トレイルブレイザー14着 シンガリ)
①サンシャイン 10着)
⑩ニューダイナスティー 5着)
注⑪ブリッジクライム 9着)

今週のワイド馬券
―①⑪(1番人気は外します)大ハズレ

※印の解説3着以内に入る確率の高い馬順です。決して
が1着と言う事ではありません。
 
スポンサーサイト

13 キーンランドC分析メモ

13 キーンランドC回顧
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
結果                     斤量  通過    人気
1着 ①フォーエバーマーク  54   1-1     4
2着 ⑪ストレイトガール      54   10-8    1
3着 ③シュプリームギフト   54   8-8     6
  
タイム
1:11.7
ラップ
12.1-11.0-11.8-12.3-12.0-12.5 (34.9-36.8)H 一定型(要 底力)
 
結果を見ると、先行勢で上位入線しているのは勝ち馬①フォーエバーマークのみ、先行勢の足が上がった所差し馬たちが差し切ったレースと言った印象
映像を見ると内の荒れ具合が画面でもわかり、アウトバイアスになってシフトしていた。その事も差し馬たちに流れが向いたと思われる。(多分)
フォーエバーマークはその荒れた内を走っている、枠順の利を生かした道中の経済コースの周回による体力の温存が効きいた事、道悪適性が勝因と思われる。(多分)
 
※調教評価
逃げた表現はしない。
① フォーエバーマーク(1着)
函芝 単走 52.0-38.2-12.5 末強め
少し走りが窮屈な感じ、及第点の出来ではある、ゴール版過ぎても追っている ▲
 
② ビラゴーティアラ
※映像無し
 
③ シュプリームギフト(3着)
函芝 併走 68.8-52.6-38.5-12.5 馬なり
しきりに併走馬騎手が確認している。併せ馬の走るなりに走っている。調教されている。△
 
④ レジェトウショウ
函W 単走 71.6-56.1-40..8-12.8 馬なり
この馬なりの調教でこの馬なりの仕上がりだが少し荷が重い △
 
⑤ プリンセスメモリー
美坂 単走 55.9-41.0-26.9-13.5 馬なり
気性難が伺える、走りもフラフラと集中力にかける △
 
⑥ ファインチョイス
函W 単走 54.6-38.0-12.3 末強め
今回が引退レースの同馬、追切も反応が良く追うと足の回転が増している。動きも大きく集中できている 
 
⑦ レオンビスティー
函W 併走 69.9-54.0-39.5-13.2 末強め
しっかり併せ馬をしており、抜かれようとした時に緩めると負けん気を出して抜かせない非常に良い 
 
⑧ ケイアイアストン
函W 単走 56.1-40.1-12.6 馬なり
大外を周回しコーナリングが上手、馬も集中し、トビが大きい ○
 
⑨ アドマイヤセプター
函W 単走 66.2-50.7-37.4-12.5 仕掛
終い充点の追切、仕掛けられて反応も良く動きもダイナミック ○
 
⑩ マスイデア
函W 単走 66.1-51.1-37.8-12.9 一杯
ピッチ走法 集中していい追切が出来ているが調教されている感じだがこの馬の力は出せそう ▲
 
⑪ ストレイトガール (2着)
函W 単走 68.3-52.0-37.8-12.7 馬なり
ピッチ走法 集中していい追切が出来ている、この馬の力は出せそう ○
 
⑫ シーギリヤガール
 
⑬ カディーシャ
函W 単走 69.3-53.6-39.4-12.9 末一杯
終い充点の追切、追われると尻尾を振り反抗しているが顔つき良い ▲
 
⑭ ストークアンドレイ
函W 併走 68.3-52.7-38.1-12.3 一杯
ピッチ走法 大きく動けており重い馬場は得意そう ▲
 
⑮ パドトロワ
函D 単走 64.69-50.1-37.5-12.3 末強め
良い調教、ゴール版過ぎても走っている、大きく動けており良い ○
 
⑯ サンカルロ
函W 併走 68.2-53.7-39.2-12.8 馬なり
ベロを出している。正直あまり良い追切には見えない、かなりバテているように見える △
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ ⑥ファインチョイス(13) ⑮パドトロワ14着)
 
○ ⑦レオンビスティー10着) ⑧ケイアイアストン(15着) ⑨アドマイヤセプター4着) ⑪ストレイトガール2着)
 
※ 想定ペース・ラップ
M~H 長い足と消耗型ラップへの耐性
 
⑯サンカルロ ①フォーエバーマーク ⑥ファインチョイス ⑮パドトロワ ⑬カディーシャ ⑪ストレイトガール ⑦レオンビスティー
 
調教が良く、ラップ適性のある馬
 
⑥ファインチョイス13着) ⑮パドトロワ(14着) ⑦レオンビスティー(10着) 
 
※展開・脚質分布
 
逃 
 
先 ①フォーエバーマーク ⑥ファインチョイス ⑦レオンビスティー ⑧ケイアイアストン ⑩マスイデア ⑮パドトロワ
 
差 ②ビラゴーティアラ ③シュプリームギフト ④レジェトウショウ ⑨アドマイヤセプター ⑪ストレイトガール ⑫シーギリヤガール ⑬カディーシャ 
 
追 ⑤プリンセスメモリー ⑭ストークアンドレイ ⑯サンカルロ
 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
①フォーエバーマーク ⑥ファインチョイス
 
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性(過去2走以上、複勝率上位5頭程度)
⑥ ファインチョイス   【4100】 100%
 
① フォーエバーマーク  【2010】 100%
 
⑬ カディーシャ     【1020】 100%
 
⑪ ストレイトガール   【5101】 85.7%
 
⑩ マスイデア      【3012】 66.7%
 
距離適性(過去2走以上、複勝率上位5頭)
① フォーエバーマーク  【3122】 75%
 
⑬ カディーシャ     【1322】 75%
 
⑪ ストレイトガール   【6104】 63.6%
 
⑮ パドトロワ      【7228】 57.9%
 
⑤ プリンセスメモリー  【1213】 57.1%
 
適性面より選出
①フォーエバーマーク1着) ⑥ファインチョイス(13着) ⑪ストレイトガール(2着) 
※前走より斤量が2㎏以上減の馬
③シュプリームギフト ⑮パドトロワ 
 
まとめ
 
調教が良く、ラップ適性のある馬
⑥ファインチョイス ⑮パドトロワ ⑦レオンビスティー 
 
適性面より選出
①フォーエバーマーク ⑥ファインチョイス ⑪ストレイトガール 
 
最終判断
◎ ⑥ファインチョイス13着)
○ ⑮パドトロワ(一番人気の場合割引)14着)
▲ ①フォーエバーマーク(再内枠脚質より割引)1着)
△ ⑪ストレイトガール(一番人気の場合割引)2着)
注 ⑦レオンビスティー(10着)
 

続きを読む »

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

13 北九州記念回顧

13 北九州記念回顧
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
逃げた表現はしない。
調教評価
①アイラブリリ
栗坂 57.2-41.2-26.3-12.5 馬也
単走馬なりで集中は出来ている、意図的に時計は出さないような調教に見える ▲
 
②ザッハトルテ
CW 67.6-51.9-38.5-12.0 一杯
調整的なこの馬なりの追切、反応も普通で良くも悪くもない △
 
③ カラフルデイズ
栗芝 岡田 51.7-36.2-11.6 馬也
調整的な追切、首が高く走りが硬い △
 
④ テイエムタイホー
栗坂 53.8-38.9-25.1-12.7 併走 一杯
※映像無し
 
⑤ サドンストーム
栗坂 国分優 50.9-37.1-24.1-12.0 一杯
初めから掛っており折り合いはついていない、ハードに追われ終いは一杯になった、負荷は十分 ▲
 
⑥ ローガンサファイア
栗坂 武幸 50.9-37.3-24.5-12.6 仕掛
初めはフラフラとしていたが中盤から真っ直ぐ走り出した。走りには勢いがみられる ▲
 
⑦ ツルマルレオン1着)
栗坂 52.1-38.2-24.5-12.1  併走 末一杯
集中力が見られ、併走馬に負けまいと闘争心を出しいい雰囲気が出ている ○
 
⑧ アンシェルブルー
CW 56.6-39.7-11.3 馬也
調整的な追切と思っていたら、他の調教馬が後ろから迫ってくるとものすごい勢いで走り出した。凄い闘争心である ○
 
⑨ ケンブリッジエル
栗坂 54.1-37.9-24.3-12.2 仕掛
集中して真っ直ぐ走れているが何かパンチが足りない、終いはバテていた △
 
⑩ キョウワマグナム
栗坂 北村友 54.4-39.1-24.9-11.9 馬也
集中して走れている点は良いが、首が高くもう少し柔らかく走れてらと思う ▲
 
⑪ ハノハノ
栗坂 53.1-37.8-24.1-11.9 一杯
西園短距離王の馬、集中して走れている、反応も良い ▲
 
⑫ マイネルエテルネル
栗坂 51.3-36.7-24.0-12.1 一杯
西園短距離王の馬、調教で走らされているといった印象 ▲
 
⑬ ニンジャ(2着)
栗坂 52.1-36.6-24.1-12.3 馬也
動きが素軽く、真っ直ぐ走れている、いい部類の調教だがベロを出していたのは少し気になる ▲
 
⑭ バーバラ3着)
栗坂 54.0-38.4-24.6-12.3 仕掛
素軽い動きで好印象、首は高いが馬自身が走っている ▲
 
 
⑮ スギノエンデバー
栗坂 田中健 56.2-40.2-25.3-12.2 馬也
この馬なりのいつもの追切、調教は良く見せないので難しい ▲
 
⦿ 無し
 
○ ⑦ ツルマルレオン(1着) ⑧ アンシェルブルー(11着) ①アイラブリリ (8着)
 
 
※展開・脚質分布
 
逃 ④テイエムタイホー ⑧アンシェルブルー
 
先 ①アイラブリリ ⑨ケンブリッジエル ⑩キョウワマグナム ⑭バーバラ 
 
差 ②ザッハトルテ ③カラフルデイズ ⑪ハノハノ ⑫マイネルエテルネル
 
追 ⑤サドンストーム ⑥ローガンサファイア ⑦ツルマルレオン ⑬ニンジャ ⑮スギノエンデバー
 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
 
①アイラブリリ ④テイエムタイホー 
 
 
想定ペース 
106.7
ラップ 11.6-10.0-10.6-11.1-11.5-11.9(32.2-33.5)H
H 
 
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性(過去2走以上、複勝率上位5頭程度)
①アイラブリリ ③カラフルデイズ ⑩キョウワマグナム ⑫マイネルエテルネル ⑬ニンジャ(2着) ⑮スギノエンデバー

距離適性(過去2走以上、複勝率上位5頭)
①アイラブリリ ⑥ローガンサファイア ⑫マイネルエテルネル ⑭バーバラ(3着) ⑩キョウワマグナム
 
適性面より選出
①アイラブリリ ⑩キョウワマグナム ⑫マイネルエテルネル

※前走より斤量が2㎏以上減の馬
④テイエムタイホー ⑥ローガンサファイア ⑨ケンブリッジエル ⑬ニンジャ(2着) ⑭バーバラ(3着) 

最終判断 (良馬場想定)
◎ ⑭バーバラ3着)
先団を周回し、エテルネルを最終コーナーで封じ込める高倉騎手の好騎乗、前にいた分上位2頭ほど足は溜まらなかったが底力でカバーした。もう少し足をためることが出来たなら勝てた。斤量・展開も向いた。 

○ 
⑬ニンジャ2着)
後方集団を周回後、直線では前が詰まること無く追えた、人気もそれほどでは無く運もあったので良かった。斤量の恩恵が大きいと思われる。

▲ ⑮スギノエンデバー(5着)
この斤量では少し厳しかったが素晴らしい競馬をした、この脚質なので人気を被ると厳しいがやはり力はある、次走は注目である 

△ ⑦ツルマルレオン1着)
道中中団でしっかり足を溜、最後の直線でも素直にいい位置につけられ完璧な競馬だった。斤量・ラップ共にばっちり何しろ調教が良かった。

△ ⑫マイネルエテルネル(7着)
高倉騎手にしてやられた。

注 ⑥ローガンサファイア
(4着)
斤量の恩恵を最大限に発揮した結果だが、終いの足は素晴らしかった。
 
※今回の予想は久々に良かったしおいしい思いも出来た。改めて、斤量の恩恵、ラップの重要性が認識できた。今回の様にラップが偏っているレースを見定めて購入していくと平場でも通用するかもしれない。

13 札幌記念分析メモ

13 札幌記念回顧
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
 
※調教評価
逃げた表現はしない。
①タッチミーノト
函D 単走 四位86.2-54.4-39.8-12.2 馬なり
早く追い出せと馬が言わんばかりに走っており状態は良さそう、もうちょっと大きく動けそうな感じはする ▲
 
②オールジャットジャズ
函W 併走 川須 68.6-52.7-38.0-13.0  末強め
エアソミュールとの併せ馬でほぼ馬なりで併走馬を突き放す内容、ここでも注目か○
 
③ルルーシュ
函芝 併走 67.3-51.9-38.6-12.3 
はじめは舌を出していたが、併走馬に並ぶと馬なりで交わし、そのあともも伸びている、ピッチ走法で緩い馬場は合いそう ▲
 
④ネヴブション
函D 単走 69.0-53.8-39.4-12.5
いまいち活気が足りないといった感じでまだまだ良化途上か △
 
⑤トーセンジョーダン
函W 単走 川須 67.6-52.1-38.6-12.5 末仕掛
一杯に追われ、馬にも活気が見られいい状態、久々のレースたが力のある馬なので注目したい。 ○
 
⑥マルセリーナ
函D 併走 55.5-39.7-12.1 強め
最後にやっと併走馬に追い付いたが回転の速い走法で走れている、状態キープと言った所 △
 
⑦ラブイズブーシェ 
函W 単走 67.7-52.6-38.4-12.6 
この馬なりには走れているのだろうが他馬が良すぎてショボく見える △
 
⑧アンコイルド(3着)
函D 併走 吉田隼 83.5-67.7-53.3-39.5-12.7 末一杯
しっかりと併せ馬したあと追われてしっかりと伸びているし、ゴール板過ぎたあとも走っている、○
 
⑨ホエールキャプチャ
函W 併走 67.1-51.4-37.3-12.8 馬なり
同馬は鬼時計を出す調教では走るタイプの馬なので悪くは無いが物足りない △
 
⑩ネコパンチ 
函W 単走 64.5-51.4-38.5-13.6 
走りが硬く、あまりいい印象は受けないが、一杯に追われ負荷は充分 ▲
 
⑪ロゴタイプ
函W 単走 村田 71.2-55.0-39.5-12.6 馬なり
単走だが、集中力が見られ馬が自分から走っている様に見えるさすがクラシックホース ○
 
⑫レインボーダリア
函芝 併走 65.9-51.2-38.0-12.6 
意図的に抑えたような調教だが馬に活気があり行こう行こうとしている。 ○
 
⑬アスカクリチャン(2着)
函芝 3併 65.0-50.3-37.5-12.0 末一杯
しっかりと併せ馬したあとハードに追われて不可のかかったいい調教ができている、馬じたいの動きも良い ○
 
⑭トウケイヘイロー (1着)
函W 単走 66.2-52.3-38.8-12.8 馬なり
単走だが集中力が見られる、いい状態をキープ出来ている ▲
 
⑮エアソミュール
函W 併走 67.9-52.0-37.8-13.4 
併走馬に大きく離されお世辞にもいいとは言えない △

アイムユアーズ
函W 併走 池添 66.2-51.9-37.8-12.1 末強め
併走馬がしょぼいのか併せ馬になっていないくらい相変わらず調教は良く見せる馬で函館も自身にあっているため、注目である ○
 
 
調教評価
⦿ 無し
 
○ ②オールザットジャズ6着) ⑪ロゴタイプ5着) ⑫レインボーダリア7着) ⑬アスカクリチャン2着) ⑯アイムユアーズ4着)
 
⑤トーセンジョーダン13着) ⑧アンコイルド(3着) 
 
1着トウケイヘイローを評価できていない
 
ほぼ同列評価だが頭数を絞る為にあえて優劣を付ける。
 
※展開・脚質分布
 
逃 ⑭トウケイヘイロー ⑩ネコパンチ
 
先 ②オールザットジャズ ③ルルーシュ ⑤トーセンジョーダン ⑦ラブイズブーシェ ⑧アンコイルド ⑪ロゴタイプ ⑯アイムユアーズ
 
差 ①タッチミーノット ⑥マルセリーナ ⑨ホエールキャプチャ ⑫レインボーダリア ⑬アスカクリチャン ⑮エアソミュール
 
追 ④ネヴァブション 
 
枠の恩恵を受けそうな馬
 
②オールザットジャズ ③ルルーシュ ⑤トーセンジョーダン ⑥マルセリーナ
 
※函館2000mの特徴
S900まで平坦とほぼ下り坂(ペースが上がる)、900~1600mまで上り坂(息が入る)、1600~2000m 平坦と下り直線262m(最短)
 
 直線一輝では少し厳しい。長い足を使える馬
 
5走の傾向
長い足が必要で、上がりのかかる消耗型ラップ
 
該当馬
⑪ロゴタイプ5着) ⑭トウケイヘイロー(1着) ⑯アイムユアーズ(4着) ②オールザットジャズ(6着) ⑫レインボーダリア(7着)
 
想定ペース 
206.5
ラップ 12.6-11.3-12.3-12.8-12.7-12.7-12.4-12.7-13.0-14.0
36.2-39.7)H 要 長足・底力 ラップ
H 
 
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性(過去2走以上、複勝率上位5頭程度)
⑦ラブイズブーシェ ⑨ホエールキャプチャ ⑫レインボーダリア 
 
距離適性(過去2走以上、複勝率上位5頭)
③ルルーシュ ⑦ラブイズブーシェ ⑧アンコイルド3着) ⑭トウケイヘイロー(1着) ⑤トーセンジョーダン
 
適性面より選出
⑦ラブイズブーシェ
 
最終判断 (良馬場想定)
◎ ⑪ロゴタイプ
終始前目で競馬し、最終コーナーをあたりから追われているが思ったほど伸びていない、やはり道悪は得意なタイプではなさそうだ。次回以降これで人気が落ちてくれるならおいしい。
〇 ⑭トウケイヘイロー
鼻から先頭を奪って堂々たる競馬、このペースで逃がしたらどうにもならない小回りコースで武豊か騎手に逃がさせたらよほどじゃない限り大崩れはしなさそう、これ以上の上積みがあるか天皇賞は要チェックの必要あり
▲ ⑤トーセンジョーダン
スタート直後躓き、道中はジハジハ位置取りを上げて行ったが最終コーナー手前で勝負が決まっていたので無理はしなかった、道悪なので無事に帰ってきただけで良い。
△ ⑧アンコイルド
道中は先行集団で周回し最後の直線でものすごい追いこみで3着に滑り込んだ、やはり洋芝適性があり、持続ラップもこなせるようになったのか、今後も洋芝コースでは注意が必要 
△ ⑬アスカクリチャン
同馬も洋芝適性、何しろ岩田騎手とのコンビは高配当の使者的役割で毎回あまり人気にならないので助かっている。ラップ的には万能タイプなので今後も追い駆けて行きたい。(岩田騎手限定)
注 ②オールザットジャズ
牝馬ながら6着と健闘、小回りでは大崩れしない非常に優秀な馬、くぶれるまでは軸で買ってよい、いつかアイムユアーズに先着して欲しい。
道悪想定
◎ ③ルルーシュ15着)
○ ⑫レインボーダリア7着)
▲ ②オールザットジャズ6着)
△ ⑤トーセンジョーダン13着)
注 ⑪ロゴタイプ(5着)
※道悪だからと言って極端に予想を変える必要はない、勉強になった。

13 関屋記念分析メモ

続きを読む »

13小倉記念分析メモ

13小倉記念分析回顧
 
⦿ 調教印象のみで軸にしたい馬
◎ 調教印象からは軸に選出したい馬
○ 調教印象は好印象、最低抑えは必要
▲ 調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
△ 調教印象だけでは買えない馬及び良化途上
枠順
馬番 馬名        馬齢   斤量  騎手
① タガノエルシコ   牡8    55  藤岡康
② エクスペディション 牡6    57  浜中
③ メイショウサミット 牡7    53  太宰
④ メイショウナルト  セ5    53  武豊
⑤ タムロスカイ    牡6    56  北村
⑥ ラブリーデイ    牡3    53  川田
⑦ マックスドリーム  セ6    54  古川
⑧ ダコール      牡5    56  丸田
⑨ オートドラゴン   牡9    52  国分恭
⑩ サトノパンサー   牡5    53  和田
⑪ ミキノバンジョー  牡6    55  武幸
⑫ セイクリッドセブン 牡6    53  酒井
⑬ ナリタクリスタル  牡7    58  松山
⑭ マイネルラクリマ  牡5    58  柴田大
⑮ ゲシュタルト    牡6    57  中井
 
※調教評価
① タガノエルシコ
栗坂 単走 54.0-39.0-25.0-12.4 馬なり
前回もこんな感じの追い切りで好走しているので問題は無いのか、集中は出来ている
 
② エクスペディション
栗坂 浜中 単走 50.6-37.7-25.2-12.9 一杯
注目の一頭の追い切りだが、厩舎のヤリ気配伺える!もう少し終いの時計は欲しかったが集中出来ている。
 
③ メイショウサミット
栗CW 太宰 単走 86.8-69.8-55.3-41.1-12.4 末強め
終い追ったが反応ニブイ
 
④ メイショウナルト1着)
栗CW 65.9-51.4-38.0-11.6 馬也
単走馬なりでも集中力を切らさず終いの時計も優秀、動きも大きくいい状態 
 
⑤ タムロスカイ
栗坂 単走 51.9-36.4-23.7-11.9 末仕掛
馬場きれい時間帯の追い切り、思ったより時計が出ている。少し硬い気がする。
 
⑥ ラブリーデイ(2着)
栗CW 川田 3併(内) 82.1-66.0-52.0-38.7-11.8 強め
最先着だが合わせた相手は2歳場らしい、動きは良いが少し硬く見える 
 
⑦ マックスドリーム(5着)
栗坂 単走 51.0-37.0-24.8-12.8 末強め
中2週なので調整的な追い切りかと思わせながらも最後は追っている、反応はイマイチだがキレで勝負するタイプでは無いので気にしなくても良さそう、集中している、
 
⑧ ダコール(4着)
栗坂 単走 54.2-38.5-25.1-12.6 末強め
こちらも中2週なので調整的な追い切りだが顔つきが良い。
 
⑨ オートドラゴン
※映像無し
栗CW 84.1-68.3-54.3-40.8-13.1 馬也
 
⑩ サトノパンサー
栗坂 単走 55.640.1-25.2-12.2 末強め
操縦性はあまりよくなさそうだが、仕掛けてからの反応よし 
 
⑪ ミキノバンジョー
栗P 単走 82.2-65.4-50.5-37.3-11.7 馬なり
馬なりで好時計だし馬自身が走っている苦手なP追いだがこれは明らかにいい部類。
 
⑫ セイクリッドセブン
栗CW 単走 85.7-69.0-53.9-39.5-12.2 末仕掛
反応は良いが走り固く感じる、軽い馬場より少し重い方がよさそう
 
⑬ ナリタクリスタル(3着)
小ダ 単走 69.1-54.7-40.8-12.3  仕掛
同馬は基本調教は良く見せるタイプだと記憶しているが今回元気が無さそう
 
⑭ マイネルラクリマ
小ダ 単走 74.2-57.5-42.2-11.8 仕掛
前走の追い切りが良すぎただけに今回は少し見劣る、少しイライラしているように見えるが反応はまずまず
 
⑮ ゲシュタルト
栗P 中井 単走 70.1-54.6-39.-11.3 末仕掛
キャンターかなと思わせてからの、終い重点の追い切り、うるさい馬か騎手とリンクできていない印象終いの足は良い。
 
※調教評価
⦿ 無し
 
◎ ②エクスペディション6着)
 
○ ①タガノエルシコ (7着)④メイショウナルト(1着) ⑦マックスドリーム(5着) ⑪ミキノバンジョー(15着) 
 
※展開・脚質分布
 
逃 ③メイショウサミット 
 
先 ④メイショウナルト ⑤タムロスカイ ⑥ラブリーデイ ⑪ミキノバンジョー ⑫セイクリッドセブン ⑭マイネルラクリマ(人気)
 
差 ①タガノエルシコ ②エクスペディション(人気) ⑩サトノパンサー ⑬ナリタクリスタル 
 
追 ⑦マックスドリーム ⑧ダコール(人気) ⑨オートドラゴン ⑮ゲシュタルト
 
枠の恩恵を受けそうな馬
③メイショウサミット ④メイショウナルト ⑤タムロスカイ ⑥ラブリーデイ
 
※小倉競馬場2000mの傾向
特徴:スタートして約400m平坦(先行争い)、400m~700mまで上り坂(隊列が決まり息が入る)、700m~1600mまでほぼ下り(早仕掛け始動)1600m~2000mまで平坦(底力・末脚の見せ所)
 
過去5年の傾向
1:57秒台前半~1:58秒台 平均1:57.7と言う比較的早い時計での決着
 
ラップ 
12.3-10.8-11.1-12.0-11.8-11.9-12.2-11.8-11.3-11.9(34.2-35.0)
M・瞬発力勝負
 
底力があり・長くいい足を使える馬に向いている。(ハズレ)
 
該当馬
⑦マックスドリーム ⑪ミキノバンジョー ⑭マイネルラクリマ
 
想定ペース 
M~H
 
※バイアス 
フラット
 
※競馬場適性(過去2走以上、複勝率上位5頭
          成績   複勝率
ダコール     【2200】  100%
 
トシザマキ    【2111】  80%
 
エクスペディション【5014】  60%
 
サトノパンサー  【2103】  50%
 
メイショウナルト 【2103】  50%
 
※距離適性(過去2走以上、複勝率上位5頭
              複勝率
マイネルラクリマ 【2000】 100%
 
ダコール     【2132】 75%
 
エクスペディション【3215】 54.5%
 
ミキノバンジョー 【2013】 50%
 
メイショウナルト 【0101】 50%
最終判断 パターン1(瞬発力勝負)
◎ ②エクスペディション(6着)
メイチの仕上げだっただけに稍重は痛かった。
○ ④メイショウナルト(1着)
道中は好位で周回でき、最終コーナー当たりから早めに仕掛け最後の叩き合を制した。斤量53Kgが優位に働いた。 〇
▲ ⑤タムロスカイ(10着
△ ⑭マイネルラクリマ(3着)
最後は瞬発力勝負で負けたが、斤量58kgではしょうがない、自力のあるところは見せた。稍重の馬場も味方したか 
パターン②(持久力戦)
◎ ⑭マイネルラクリマ(3)
○ ⑦マックスドリーム(5)
▲ ①タガノエルシコ7着)
△ ②エクスペディション6着)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。