スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14 中山記念分析メモ①

14 中山記念分析メモ①
 
すごく豪華なメンバーでテンションが上がりますね!
今週は阪急杯も面白そうで時間が許せば阪急杯までやりたいと思います!
が既に金曜日orz
 
中山芝1800m及び中山記念の特徴(過去6年)
 
12.7-11.7-12.0-11.7-11.5-11.9-12.0-11.8-12.4(36.4-35.1-36.1) 
一貫型 ジリ足 底力
 
 中山記念
 
上りスタートである為テンはゆっくりとした入りだが、2F目から早いハイラップを刻み、3Fから下り坂である為、そのまま大きく緩む事の無く底力を要するラップレイアウトになっている。また、コーナーを4回、直線293m(短い)と小回りコース設定になっている為よーいドンで勝ちあがってきた馬は消し。
 
過去複勝馬の脚質分布
逃 3 先行 6 差5 追4 特に偏りなし(競馬は先行有利が大前提)
 
上がり3Fについて
上がり5位以内の複勝率15/18 短い直線・坂を苦にしないで早い上がりを出せる馬には注目したい。
 
底力戦を得意とする馬(順不同)
ロゴタイプ トウケイヘイロー エアソミュール ダイワマッジョーレ ダイワファルコン カレンミロティック ユールシンギング マイネルラクリマ 
 
小回り巧者
ロゴタイプ トウケイヘイロー エアソミュール ダイワファルコン マイネルラクリマ 
 
以上の結果からラップからは
ロゴタイプ トウケイヘイロー エアソミュール ダイワファルコン マイネルラクリマ 
 
 
スポンサーサイト

14 小倉大賞典回顧

14小倉大賞典回顧
結果
着 馬名         性齢 斤量  騎手  人気   通過順位    後3F
1着 ④ラストインパクト  牡455.0 川田将雅  111111134.64
2着 ①カフナ       牡657.0 藤岡康太  8766434.53
3着 ⑥ブレイズアトレイル 牡555.0 丸田恭介  499101034.22
 
タイム
145.3 (標準時計)
ラップ
12.5-11.2-12.2-12.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.835.9-34.8-34.6) S-ロンスパ戦
要長足・底力
 
上位の馬の感想
④ラストインパクト
4F目くらいから早めに仕掛けて先頭に立つとそのまま押し切った強い内容。追切では評価できたが、人気をかぶってまで勝ちきるには正直足りないと思っていたし、飛んでくれると思っていた自分の力の無さに反省。
 
①カフナ
C手前までは経済コースを周回しそこからスパート。ちょうど良い仕掛けのタイミングで2着に粘った。勝ち馬とは差がある内容で今回は枠順の利と好騎乗が光った。
 
⑥ブレイズアトレイル
馬体重が-14でここはヤリだったよう。イメージ的にはもう少し前で競馬してくれると思っていたのだが3着なら結果オーライか?2着馬とは位置取りの差だったような気がしますが良く伸びて安定感のある所は見せてくれた。
 
選出した馬の感想
◎⑦ラブイズブーシェ  (6着)
カフナと同じような位置取りで同じタイミングで仕掛けたがコーナーで大きく膨らんだ分差がついた。非常に残念。非常に惜しかった。
 
〇⑥ブレイズアトレイル 3着)
 
▲⑧アロマティコ  (5着)
最後方集団から4Cは再大外をブン回しからの最速上がりで5着。良く伸びて牡馬相手に強い内容だったがあのコーナリングじゃ厳しいです。
 
注⑭サンライズメジャー (10着)
行き脚が良く先行に着けて周回していたが行きたがるそぶりを何度も見せ、4C手前で手応えが怪しくなりムチが入る始末・・・その後は見せ場なく馬群に沈む。久々の1800mの緩いペースで折り合いを欠いた印象はある。
 

14 小倉大賞典分析メモ②

14小倉大賞典分析メモ②
 
調教分析メモ
※印の説明
☆☆☆ 調教印象のみで軸に選出するほどの内容
★★  調教印象だけなら軸に選出したい内容
☆☆  調教印象は好印象、最低抑えは必要
★   調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
☆   調教印象だけでは買えない馬
消   調教からは今回は消し
 
今週の栗東の状態
【ネット競馬より抜粋】
【坂路/4F51.9秒】
 
 先週の馬場差が「±0.0秒」。先週と同じ内容を書くことになるが、今週も時計は標準的に出る状態。よって、馬場差は先週と同じ『±0.0秒』で、19日、20日とも観測している。
 
【CW/5F66.5秒】
 調教の騎乗者からは「チップの状態が悪い」という感想を聞くが、実際に追い切り時計を見ると、決して時計の掛かる馬場状態ではない。馬場の幅員が広いので、通る場所によっては、脚をとられてしまう箇所もあるかも知れない。
 
 
 先週の馬場差は「-1.0秒」。今週も一番時計は、5F62秒台が出ており、走りやすい状態に変わりなし。19日、20日とも『-1.0秒』で観測している。
 
【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 先週も記したことだが、芝馬場は、茶褐色になった馬場状態は決して良くないので、あまり時計が出る状態ではない。本来なら、時計の掛かる馬場差をつけるところだが、追い切り頭数が少ないので、19日、20日とも『±0.0秒』としている。
 
 ポリトラック馬場は相変わらず、走りやすい状態。なお、馬場差は19日、20日とも『-1.0秒』で観測している。
 
 
※調教分析メモ
----------------------------------------------------------------------
①カフナ 牡6 藤岡康 池江 
栗CW 3併内 藤岡康 84.4-68.0-52.9-38.8-11.7 末仕掛(2着)
気合の入っている一面を見せしっかり併走出来ており気配は悪くない。併走馬に一度も先行する事が出来ずゴールしたが良く動けており足の回転が速く加速が効きそうな馬。★
----------------------------------------------------------------------
②カルドブレッサ 牡6 藤岡佑 吉田 
栗CW 単走 84.2-67.6-52.7-38.9-12.2 馬なり(7着)
すごく集中して走れており気合いにあふれ、充実している様に見える。
テンに走らせろと言わんばかりの気合いを見せた分、追われてからの反応は良く伸びている。
走りは前駆が地に突き刺さるような走りで本質的に少し重めの馬場が合い、軽い馬場設定の小倉は適性ダウンの印象はあるが充実ぶりでカバーできるといいですね ☆☆
----------------------------------------------------------------------
③ミヤジタイガ 牡4 高倉 岩元 
CW 稍 高倉 82.1-65.9-51.8-38.6-12.4 (14着)
内ティーエスネオ馬也を6Fで0秒4追走3F併せで0秒1遅れ  9 馬也
映像無し
----------------------------------------------------------------------
④ラストインパクト 牡4 川田 松田博 
CW 稍 助手 84.0-67.8-52.5-38.6-12.4 (1着)
内ウェーブゴールド一杯を6Fで0秒7追走1F併せで併入  9 仕掛
集中して走れておりしっかり大きく動けており状態は良さそう。小回りはどうなのかなと思わせるがダイナミックないい走りでしっかり仕上がっている ☆☆
 
----------------------------------------------------------------------
⑤エディン 牝5 藤田 白井 
栗CW 単走 萩野琢 84.1-66.6-51.6-37.0-12.2 末強め(11着)
終いを伸ばす追い切りで、テンの入りは首が高く少し重いなあと言った印象。
追われてからも反応しているのかなと思わせるくらいの感じだったが時計はそれなりに出ている ★
 
エリ女:栗CW重 単走 萩野琢 99.0-82.0-66.5-51.6-38.3-12.7 仕掛け(12)
穴人気している同馬、長い距離を追ってややバテそうになったところを追って追っての追い切り、逃げ馬だけに最後の底力発揮を意識しているのか。大きく動けているがベロベロ(舌が出ている)している初見の馬だけに少し気になる 
----------------------------------------------------------------------
⑥ブレイズアトレイル 牡5 丸田 藤岡健 
CW 稍 助手 82.6-66.5-51.8-38.3-12.5 (3着)
外スターバリオン一杯を6Fで0秒8追走1F併せで0秒1先着  G強 
中途半端な映像。追走した分だろうが、一杯に追っている併走馬を突き放した点は好印象。もう少し初めのほうから映像を見たかった ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑦ラブイズブーシェ 牡5 吉田隼 村山
栗坂 稍 助手 55.0-40.0-25.7-13.1 (6着)
内メモリアルイヤー馬也と併せで0秒1先着  2 一杯 
この馬の前走の追切は、すぐに消せるくらいに悪かったことを良く覚えており、今回はしっかり併せ馬出来ており前走とは違う。元々坂路では時計を出さない馬なので時計は気にする必要は無さそう ☆☆
 
日経新春杯:栗坂 併走 55.2-39.6-26.1-13.4 仕掛(8着)
終い充点の追切だが追ってからの反応が悪い、連戦の疲れが出ているのか 消
----------------------------------------------------------------------
⑧アロマティコ 牝5 北村友 佐々木 
栗坂 単走 北村友 53.8-39.3-25.2-12.4 末仕掛(5着)
終いを伸ばすイメージの追切で馬場の中頃を機敏に動けている、終いも反応して伸ばせており同馬らしい追切ができており後は適性次第。☆☆
 
愛知杯:栗坂 単走 三浦 54.0-38.7-25.3-13.0 末強め(14着)
最後は追っているので12秒台が欲しかったのが本音だが時計が掛る状態なので許容か((+_+))
回転の速い走法で坂路をスピード感たっぷりに駆け上がる様はさすがと言った印象。終いにムチが入りバテそうなところをもう一踏ん張り頑張った。首がやや高い。非常に悩む位置付け ★
----------------------------------------------------------------------
⑨ゼロス 牡5 国分恭 領家 
栗坂 稍 助手 53.3-38.9-25.8-12.7   一杯(4着)
途中からの映像。首が高い印象で少し癖がありそうだが短い間に手前を何回か変えており器用さが見える点はプラス ★
----------------------------------------------------------------------
⑩カシノピカチュウ 牡4 太宰 牧田 
CW 稍 太宰 67.8-53.4-38.9-12.2 (取消)
内ミヤジディーノ一杯に5Fで1秒6先行3F併せで併入 一杯
途中からの映像でもう少し見たかったが、重心の低い走りでパワーがありそう。遅れることなくしっかりついて行き状態は良さそう ★
----------------------------------------------------------------------
⑪スマートギア 牡9 松山 佐山 
栗坂 稍 助手 53.8-38.8-25.1-12.5   仕掛(12着)
馬場は綺麗で時計は出やすそう。今回はベロが出ており少し集中力に欠ける印象。いつもよく見せる馬だけに割引 ☆
 
京都金杯:2014/01/03(金) 栗坂 良 助手 53.0-38.7-25.3-12.6 強め (7着)
馬場は綺麗で時計の出やすい時間帯の追い切り。相変わらず坂路を真直ぐ駆け上がる様には好感を持てる。ご高齢だがいい枠を引けた!★
----------------------------------------------------------------------
⑫サクラプレジール 牝4 黛 尾関 (15着)
小ダ 稍 勝浦 70.6-54.6-39.3-11.8 強め
 
----------------------------------------------------------------------
⑬タムロスカイ 牡7 丸山 西園 
栗坂 稍 助手 53.3-38.8-24.7-12.5   馬也(8着)
混んでいるが馬場は綺麗で時計は出やすそう。大きくラチへもたれたが最後までしっかり走れており上々の仕上がり具合 ★
----------------------------------------------------------------------
⑭サンライズメジャー 牡5 蛯名 中村 
栗坂 良 助手 52.8-38.8-25.5-12.8   馬也(10着)
すでに仕上がっているのか調整程度の追切。前走時のメモには癖馬っぽいと書いているがそのようなそぶりは見せなかった。手前は替えていないように見え、小回りコースにおいて、器用さが欠ける点はどうか ★
 
京都金杯:2014/01/03(金) 栗坂 良 助手 55.7-41.0-26.8-13.1 仕掛 (10着)
癖馬らしく、苦手な手前の時は嫌がるそぶりを見せる。
反応を確かめる程度の追い切りだが、チップが良く跳んでおり調子は上向いている模様。
これが大外では無かったら面白かったと思わせる馬 ★
----------------------------------------------------------------------
⑮サトノシュレン 牡6 54.0 松田 村山
CW 良 松田 83.2-65.5-51.4-38.3-12.9 一杯(9着)
気性が素直で真面目な馬の様で、一杯に追われて嫌がるそぶりを見せず集中して走れている。ピッチ走法で動きも機敏。この馬なりに仕上がっている。後は力関係しだい ★
----------------------------------------------------------------------
⑯シャトーブランシュ 牝4 柴田大 清水出 
栗坂 単走 53.1-38.5-25.3-12.9 末強め(13着)
この馬なりに走れている感じで、もともと坂路では時計は出さない馬だが終いのやる気の無さはうける(笑) ☆
 
愛知杯:栗坂 単走 55.3-40.1-26.0-12.8 馬なり(7着)
馬場が荒れている時間帯の追い切りで時計は掛るのはしょうがないが、それでも全体的に時計は緩い。この馬はいつもこんな感じの時計なので問題はなさそうだ。
追い切りの動きは、真直ぐ坂路を駆け上がる様は好感を持て、坂路なので解りにくいがトビが大きそうな馬で、直線の長い中京は合いそうさらにダート出身なのでパワーもありそう ★
----------------------------------------------------------------------
※調教だけの評価
☆☆☆ 
★★
☆☆ ②カルドブレッサ(7着) ④ラストインパクト(1着) ⑥ブレイズアトレイル(3着) ⑦ラブイズブーシェ (6着)⑧アロマティコ(5着)
----------------------------------------------------------------------
※ラップ適性を有する馬
小倉大賞典分析メモ① 
Aクラス
ラブイズブーシェ ゼロス ブレイズアトレイル
Bクラス
カフナ カルドブレッサ サンライズメジャー
------------------------------------------------------------------
※展開・脚質分布 赤字人気馬
逃⑤エディン⑮サトノシュレン
先③ミヤジタイガ④ラストインパクト⑥ブレイズアトレイル⑨ゼロス⑫サクラプレジール⑬タムロスカイ
差①カフナ②カルドブレッサ⑦ラブイズブーシェ⑧アロマティコ⑩カシノピカチュウ⑭サンライズメジャー
追⑪スマートギア⑯シャトーブランシュ
------------------------------------------------------------------
※想定ペース  
脚質分布から  H 
重力理論    M
過去の傾向から M
コース形態から H
結論      H S ハズレ
展開の恩恵を受けそうな馬
特になし
------------------------------------------------------------------
※バイアス・時計の状態先週
140208の特徴・・・逃げ馬複勝1頭だが先行馬が半数近く占めている、スタミナを要する馬場。時計も標準よりやや掛り気味でスタミナのいる状況を裏付けている。
140209の特徴・・・前日とうって変わり、逃脚質の台頭が目立つ。時計は掛かるがそこまでスタミナを要するわけではなさそうな馬場状態。上がりが前日よりもかからなくなっている
140215の特徴・・・時計も掛り上がりも掛るスタミナのいる馬場状態。それに比例して逃げ馬が残れない状況
140216の特徴・・・時計はやや掛り気味で少しスタミナを要しそうな状態だが前日よりは馬場状態は回復しており逃げ切りも出ている
140222の特徴・・・とにかく前に居ないと話ないならない状況で追込みは1頭しか届いていないし時計・上がり共に標準より早い馬場が重いと逃げ切れない状態だが、最後方からではよほどの馬でないと厳しい。好位で競馬出来るタイプが圧倒的に有利
------------------------------------------------------------------
※適性
カフナ      【1011】 66.7%
 
競馬場適正
スマートギア   【0310】 100%
ブレイズアトレイル2001】 66.7%
カルドブレッサ  【1101】 66.7%
適性面より
特になし
------------------------------------------------------------------
 
まとめ
調教評価
 
ラップ適性を有する馬
枠の恩恵
バイアス
------------------------------------------------------------------
その他 
小倉滞在 ⑫サクラプレジール
⑭サンライズメジャー・・・蛯名騎手がG1開催週にわざわざ小倉入り、全場重賞制覇の為と思われる
------------------------------------------------------------------
 
最終判断
 
◎⑦ラブイズブーシェ  (6着)
〇⑥ブレイズアトレイル 3着)
▲⑧アロマティコ     (5着)
注⑭サンライズメジャー (10着)
 
※印の解説3着以内に入る可能性があり妙味のある馬の候補です。
今週の馬券
⑦⑥- ⑧⑭ワイド ハズレ
 
選出の理由(簡易版)
⑦ラブイズブーシェ・・・有馬記念4着ここでは格が一つ違う上に前走からの上積みが追切にて確認できたので今回人気も手頃で大きいのを狙っていきたいと思います。
 
⑥ブレイズアトレイル・・・ラップと追切が繋がった馬でどんな競馬でもできる器用な馬。小倉1800mは距離延長組の方にラップが向くと思うので安定感のある同馬を選出しました。
 
⑧アロマティコ・・・①カフナと迷いましたが追切の良い方を選びました。このメンツなら通用するだろうし、近走は牝馬戦特有の展開になかされたいた分が大きいですし、今回は流れそうなので
 
⑭サンライズメジャー・・・追切は仕上がっていた分の軽めでしょうが色々臭すぎるので必ず押さたい一頭。
 
 
 

14 小倉大賞典分析メモ①

14小倉大賞典分析メモ①
 
今年初のG1ウィークですが、今年1度も芝のレースさえも的中できていない私が生半可な知識でダート戦を予想しても当たるはずはないので芝のレースを予想します。(芝も微妙ですが・・・)
繁忙期プラス競馬が火曜日まで開催されて曜日感覚が狂ってます・・・。今夜にはもう、追切映像が流れるな~
 
まず、小倉大賞典の過去の傾向から
平均ラップ(2013~2004
12.4-11.3-12.1-11.9-11.8-11.7-11.8-11.8-12.035.7-35.4-35.6) 一貫型 要長足・底力
 
 小倉大賞典分析
 
過去10年複勝脚質
逃…4 先…12 差…10 追…4  偏り無し
 
過去10年複勝上がり順別成績 
1位 …7頭 2位…2頭 3位…3頭 12/30 上がりについてはあまり気にしないで良さそう。
 
コースの起伏とラップレイアウトをを比較してみると、3F目からの下りのレイアウトに比例し、息の入らないだらだらとしたラップになっている。
直線も短く息も入らない事から直線一輝の競馬をしてきた馬達には適性は向かないと思われる。
長くいい足を使えて小回り適性・底力が問われるレースになると想定できる。
今回のメンツを見ても遅くはならなさそうで軸馬は中団待機の馬から選出するのが賢明だと思われる。
 
Aクラス
ラブイズブーシェ ゼロス ブレイズアトレイル
 
Bクラス
スピリタス カフナ カルドブレッサ サンライズメジャー
 
ラップ分析からは以上の馬に注目したいと思います。
 
 

14 共同通信杯分析メモ②

14 共同通信杯分析メモ②
 
調教分析メモ
※印の説明
☆☆☆ 調教印象のみで軸に選出するほどの内容
★★  調教印象だけなら軸に選出したい内容
☆☆  調教印象は好印象、最低抑えは必要
★   調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
☆   調教印象だけでは買えない馬
消   調教からは今回は消し
 
今週の栗東の状態
ネット競馬より抜粋
 午後になれば、日の照る時間帯も多かった今週の栗東だが、朝晩は冷え込み、ウッドチップも凍るような状況。凍っていると、踏みしめた時に硬くなるので、走る際には時計が出やすい状態になる。その影響で、今週は坂路、Cコースとも、ある程度時計が出る状態になっている。
 
【坂路/4F51.9秒】
 12日。一番時計は4F49.8秒のコスモマンカイ(栗東・中村均厩舎)。4F50秒台は1頭、4F51秒台が15頭しかいないが、ラスト1F11.9秒(カレンステイシー)が出ており、先週に引き続いて、走りやすい状態。
 先週の馬場差が「±0.0秒」。冒頭にも記したように今週も時計は標準的に出る状態。よって、馬場差は先週と同じ『±0.0秒』で、12日、13日とも観測している。
 
【CW/5F66.5秒】
 コースの正面入口から入った馬が、1コーナーから2コーナーにかけて、軽快な脚どりで走る様子を見ていると、走りやすいウッドチップであることは間違いない。時計に関しても、少し内目を回れば、3F時計が速くなるケースが目立っており、数字が速いだけで、調子が良いと判断しにくいだろう。
 
 先週の馬場差は「-0.5秒」。先週よりも走りやすい状態にも見えたし、実際の時計も先週より速いので、12日、13日とも『-1.0秒』で観測している。
 
【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 芝馬場を使用した馬もいたが、茶褐色になった馬場状態は決して良くないので、あまり時計が出る状態ではない。本来なら、時計の掛かる馬場差をつけたいところだが、追い切り頭数があまりにも少ないので、12日、13日とも『±0.0秒』としている。
 
 ポリトラック馬場は相変わらず、走りやすい状態。冬場ということもあり、通常は坂路馬場を使用する馬が「馬体を絞るため」に利用するケースもあるが、そういった馬は少し動きが重い。なお、馬場差は12日、13日とも『-1.0秒』で観測している。
 
※調教分析メモ
----------------------------------------------------------------------
①レッドオラシオン 牡3 56.0 吉田豊 大久洋 
美坂 重 吉田豊 ②54.0-38.3-25.4-12.6  G強 
内ミヤビアンバー仕掛と併せで併入
テンから飛ばしている割には少し見劣りする内容でもともと調教かけない馬と言う事も考えられる。ここでは少し足りない☆
----------------------------------------------------------------------
②マイネルフロスト 牡3 56.0 三浦 高木 
美南W重 単走 三浦 66.5-50.7-37.2-12.5 末一杯
パワー型の馬でピッチ走法で加速力のある馬。操縦性も良く、大きく動けておりいい状態。
馬場状態や足の使い方によっては面白い馬で今回土曜日が積雪により中止と言う事で開催されても少し重い馬場と言う事が想定でき向きそうで面白い一頭 ☆☆
----------------------------------------------------------------------
③ショウナンワダチ 牡3 56.0 北村宏 大竹 
美南W稍重 単走 66.3-50.3-37.1-13.1 末強め
馬自身の集中力が見られ、活気にあふれている。追われてベロが出ているのはどうかと思う。
器用そうで小回りでもそれなりに走れそうな馬、動きは少し硬くこういう走りをする馬かもしれないが、ここでは少し割引。しかし、東京は実績があり適性でカバーできるかも ★
----------------------------------------------------------------------
④ガリバルディ 牡3 56.0 浜中 藤原英 
栗CW稍重 単走 浜中 81.3-67.0-53.2-39.7-12.3 馬なり
非常にゆったりとした入りから反応を確認するような内容の追切。
動きから察すると、トビが大きくパワーがありそうな馬に見える。直線の長いコースは合いそうで見た目より時計が出ている所から調整は順調に行っているのだろ ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑤ローハイド 牡3 56.0 戸崎圭 松田博 
栗CW 併走 83.4-67.3-52.4-38.9-12.0 末一杯
体が重そうな走りで反応が鈍かったのか必要にムチが入っているが終いを伸ばすイメージなら時計的には及第点。もう少し反応して欲しい ☆
----------------------------------------------------------------------
⑥サトノアラジン 牡3 56.0 岩田 池江 
栗CW稍重 3併内 82.8-67.6-53.0-38.0-11.5 末一杯
終いを伸ばすイメージの追切で反応出来ている。
ゴール版を過ぎても追っている所は少し気になるが反応で来ているので良し ★
----------------------------------------------------------------------
⑦アポロスターズ 牡3 56.0 堀井 
南W 重 53.5-39.0-12.8 強め
短い距離で実績のある馬らしくピッチ走法でキレよりもパワーのあるタイプの馬に見えるため、東京コースは少し割引なイメージ、仕上がり自体はこの馬なりに上手くいっているようで後は適性と力関係次第 ★
----------------------------------------------------------------------
⑧ピオネロ 牡3 56.0 松永幹 
栗CW稍重 併走 リスポリ 82.1-66.4-51.8-38.1-12.6 馬なり
併走で集中できており、遅れることなく走れている点は好印象。
陰に隠れて見にくいが、トビは大きい部類で動きも大きくいい状態に仕上がっている様子。☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑨シングンジョーカー 牡3 56.0 武士沢 高市 
連闘のため中間軽め
----------------------------------------------------------------------
⑩ラインカグラ 牝3 54.0 田中勝 水野 
美南W重 単走 56.0-41.0-13.0 馬なり
牝馬らしく少し非力な印象で南Wではあまり時計は出せないような馬に見えるが成長してフォームやもう少しパワーがついてきたら軽い馬場で活躍しそうな馬。水野厩舎と言う事もあり、『マイネイサベル』のロースペック版に今は見える。東京は合っていそうで今後も応援したい ★
----------------------------------------------------------------------
⑪イスラボニータ 牡3 57.0 蛯名 栗田博 
南W 重 助手 66.7-51.1-37.5-12.4 馬也
内シャイニープリンス一杯に5Fで0秒7先行1F併せで併入
外リルバイリルG一を5Fで0秒7追走1F併せで0秒2先着  7 
追走して並ぶと馬なりの手応えで先着する内容。馬の陰で良く見えなかったが、大きく動けているようで、馬なりで追っている併走馬を突き放す内容。馬なりでこの走りが出ているので及第点の出来にはある様子。☆☆
----------------------------------------------------------------------
※調教だけの評価
☆☆☆ 
★★
☆☆ イスラボニータ ガリバルディ ピロネオ マイネルフロスト
10頭立てで4頭評価はあんまりなのでガリバルディを評価下げます!
----------------------------------------------------------------------
※ラップ適性を有する馬
ガリバルディ、イスラボニータ
------------------------------------------------------------------
※展開・脚質分布 赤字人気馬
先②マイネルフロスト⑨シングンジョーカー⑪イスラボニータ
差⑤ローハイド⑥サトノアラジン⑦アポロスターズ⑧ピロネロ⑩ラインカグラ
追①レッドオラシオン③ショウナンワダチ④ガリバルディ
------------------------------------------------------------------
※想定ペース M
脚質分布から  S
重力理論    S
過去の傾向から S
コース形態から S
結論      どS
展開の恩恵を受けそうな馬
②マイネルフロスト
------------------------------------------------------------------
※バイアス先週
降雪の影響で不明だが時計は掛る重い馬場・・・・
------------------------------------------------------------------
 
まとめ
調教評価
☆☆ イスラボニータ ピロネオ マイネルフロスト
ラップ適性を有する馬 ガリバルディ、イスラボニータ
枠の恩恵 マイネルフロスト
バイアス 降雪の影響で不明だが時計は掛る重い馬場・・・・
------------------------------------------------------------------
その他 イスラボニータ鉄砲でここは叩き台。
------------------------------------------------------------------
 
最終判断
 
◎②マイネルフロスト
〇⑪イスラボニータ
▲④ガリバルディ
 
※印の解説3着以内に入る可能性があり妙味のある馬の候補です。
今週の馬券
②-⑪④
選出の理由(簡易版)
②マイネルフロスト・・・今回少し重めの馬場想定で同馬は調教の動きから適性がマッチすると思いますし、枠にも恵まれましたので素直に。鞍上があまり評判の良くない騎手なのでそこだけが心配です。
 
⑪イスラボニータ・・・ラップと調教からはこの馬なんでしょうが、明らかにここは叩き台設定で無理はしてこないと思う分割引です。
 
④ガリバルディ・・・ラップと調教が繋がる一頭で鞍上も安心できる一流厩舎の馬なので。
 

14 共同通信杯分析メモ①

14 共同通信杯について
 
京都記念と共同通信杯で悩みましたが京都記念が出走メンバーも少なく、盛り上がりに欠ける印象の為あまり得意ではないですが若駒戦を頑張って見ます!
 
共同通信杯過去の傾向
過去の傾向から、出走頭数が少なく盛り上がりに欠ける印象。
平均ラップ
12.8-11.4-11.8-12.3-12.5-12.4-11.6-11.3-11.8 (36.0-37.1-34.6S ヨーイドン
上がり 19頭 2位 7頭 3位 4
過去の上がり3位以内の複勝圏内の成績 20/30と東京コースらしくあがりの早い馬が上位を占めている。と言う事で早い上がりを繰り出せる馬を選出して行きたい。
 
 共同通信杯
 
まず、選出条件として
500万条件に出走している馬
・上がり3~5位以内で複勝圏内に入っている馬を条件として設置した結果以下の8
イスラボニータ・マイネルフロスト・ショウナンワダチ・ピロネオ・ガリバルディ・タイセイティグレス・ローハイド・テルフィーノ
8頭の分析を行った結果が下の写真
 上がり1位考察
 
この結果よりラップからは
ガリバルディ、イスラボニータの二頭にを中心視して行きたいと思います。
特にイスラボニータは東京スポーツ杯2S(G3)のラップが優秀でこれだけを見ると同馬が中心でしょうがない気がします。
 
 

14 東京新聞杯分析メモ②

14 東京新聞杯分析メモ②
 
調教分析メモ
※印の説明
☆☆☆ 調教印象のみで軸に選出するほどの内容
★★  調教印象だけなら軸に選出したい内容
☆☆  調教印象は好印象、最低抑えは必要
★   調教はまずまずプラスアルファがあれば抑えが必要
☆   調教印象だけでは買えない馬
消   調教からは今回は消し
 
今週の栗東の状態
ネット競馬より抜粋
【坂路/4F51.9秒】
 5日。一番時計はエイシンテキサス(栗東・松元茂樹厩舎)とプリンセスムーン(栗東・安田隆行厩舎)の50.9秒。これに続いて、51秒台も平均と変わらない頭数いるので、時計の出方を見るかぎり、馬場が悪いという印象はない。
 
 また、ラスト1F12.0秒をマークした馬も2頭。ラスト1F12.5秒以下に関しては、かなりの頭数が該当しており、2F25秒以下の頭数も多い。朝一番はうっすらと雪が積もる状態だったが、それによる時計が遅くなるという影響は全くなかった。テンから飛ばした馬は、終いが13秒要するし、我慢すれば、12秒台が出るという、至って標準的な馬場。
 
 先週の馬場差が「±0.0秒」。雪が降った今週だが、5日、6日とも、馬場差は先週と同じ『±0.0秒』で観測している。
 
【CW/5F66.5秒】
 乗り手の話によると、ウッドチップの状態は悪いようだが、時計自体はそれなりに出ている印象のCコース。雪の影響も受けておらず、むしろ、6日は軽快な動きを見せ、時計の速い馬が多かっただけに、時計が出る馬場状態と表現してもよいのではないだろうか。
 
 先週の馬場差は「-0.5秒」。今週も時計の出方は大きく変わっておらず、5日、6日とも『-0.5秒』で観測している。
 
【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 芝馬場は積雪のため、使用する馬はいなかった。ポリトラック馬場はウッドチップの状態を懸念して利用する頭数が通常時よりも多かった。
 
 来週の京都記念を予定しているデスペラード(栗東・安達昭夫厩舎)がテンから飛ばし気味にいって、6F76.7~1F11.4秒と全体も終いも速い時計をマークしている。なお、馬場差は5日、6日とも『-1.0秒』で観測している。
※調教分析メモ
----------------------------------------------------------------------
①レイカーラ 牝5 54.0 石橋脩 堀 
美南W 併走 石橋 53.5-38.0-12.8 馬なり
馬なりでしっかり併せ馬が出来ており集中力も見られる。堀Qのいつもの追切なので初見の馬の取捨が難しい。関係ないが篠田麻里子命名馬 ★
----------------------------------------------------------------------
②クラレント 牡5 57.0 川田 橋口 
栗坂重 単走 川田 51.8-38.1-25.1-12.9- 一杯
ラチ沿いを騎手を乗せてテンから飛ばしており時計は出る状態。
ラチ沿いだが真直ぐ走れているし。前駆で良くかきこめているし、スピード感のなる走りが出来ておりさすがと言った印象。首がやや高いような感じもするが許容範囲内と思う、いい状態 ☆☆
 
阪神C:栗坂不良 単走 川田 53.8-39.4-25.9-13.1 一杯(3着)
馬場は比較的きれいな状態での追切。
激しい追切で一杯に追われており少しうるさい面を見せベロも出ている、ベロはいつもの事だが少しうるさいのは気になる所。近走足を溜める競馬をしておらず折り合いにやや不安があるのかと勘ぐってしまう。今回折り合いが付けば見せ場がありそうな馬だけに少し気にはなる★
----------------------------------------------------------------------
③ダノンシャーク 牡6 58.0 福永 大久龍 
栗坂 併走 デカ助手 53.6-38.9-25.0-12.2 末一杯
集中して走れており、終いをしっかりと伸ばせているいい追切。同馬は坂路ではあまり時計の出るタイプではないので時計は気にしなくて良いが尻上がりラップには好感を持てる。安定力があり大きくは崩れない優良馬 ☆☆
 
MCS:栗坂 併走 福永 54.6-39.6-26.0-12.9 末強め(3着)
調教時計は遅いがまじめな馬でしっかり調教できている。終いは遅れそうになったのかムチが何発か入った点は前走の馬体重減から察すると少し気にはなるが遅れず喰らいついた根性はすてき ★
----------------------------------------------------------------------
④エールブリーズ 牡4 56.0 戸崎圭 鮫島 
栗坂重 併走 53.9-39.9-25.9-13.3 末強め
馬場の中ごろを併し、仕掛けられてから抜け出してもそらを使う事無く集中して最後まで走れている。終いをきちっと伸ばせており、東京の長い直線で終いを伸ばせるいいイメージが湧く。時計は出すタイプではないようなので問題無し。
馬の気持ちも前へ前へと向かっており大きくは崩れなさそうだが今回はメンバー的にはいいメンツが揃っておりどのくらいやれるか試金石になりそう。この追切と東京の戸崎騎手なので必ず抑えたい一頭。 ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑤サクラゴスペル 牡6 57.0 横山典 尾関 
栗CW 3併 82.2-65.7-51.5-381-13.4 一杯
馬場は雪も無く綺麗な状態に見える。
大きく追走する先行馬を抜きにかかるが併走馬も一杯に逃げG手前で1頭だけ交わす事が出来た内容。少し首が高く硬い走りにも見えるが、動き自体は機敏で状態は悪くなさそうで自分の力は出せそうな状態 ★
 
MCS:美坂 併走 50.5-36.7-24.7-12.7 馬なり
馬場稍荒れ時間帯の追い切りで見た目より全体時計早い、首が高くイマイチ集中力に欠ける印象はあるが仕上がりは良さそう ★
----------------------------------------------------------------------
⑥エキストラエンド 牡5 56.0  角居 
栗CW重 C.デムーロ 3併 84.3-67.6-52.1-37.8-12.1 末仕掛
3併中の位置で騎手が反応を確かめる追い切り。反応してすっと伸びる事が出来ており東京の末脚勝負で反応できるイメージがわく。走る顔も良い顔つきで今回は前走より適性が増しそうで面白い1頭になりそう。☆☆
 
京都金杯:2014/01/03(金) W 良 助手 69.8-54.7-39.9-12.6 (1着)
内マンボダンサー一杯に5Fで0秒9先行1F併せで0秒4先着
中レッドカイザー馬也に5Fで0秒5先行1F併せで併入  9 馬也 
角居Q定番の3頭追い切りの外配置。外配置は基本的に仕上がっている馬の指定位置。
終始手綱を張っており手応えが良いのが解る。併走馬が手前を替えギアチェンジしたが涼しい顔をして抜かせない所には好感を持てる。 ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑦サトノギャラント 牡5 56.0 北村宏 藤沢和 
美南W重 併走 北村宏 68.0-51.4-37.7-12.5 馬なり
併走でしっかり遅れずに走れている。併走馬は首を押しており同馬はもったままで先着した。及第点の出来にはある。時計は平凡、同じ藤沢Qならコディーノの方が良く見えるが掛けないタイプなのかもしれない ★
 
函館記念:函W  単走 67.7-53.5-39.9-12.9 馬なり
馬なりでの追切か、見せムチにはあまり反応が見られないのが少し残念、調整程度か ▲
----------------------------------------------------------------------
⑧レッドスパーダ 牡8 58.0  藤沢和 
美坂 3併 ブノワ 50.6-37.0-24.4-12.3 一杯
馬場は綺麗な時間帯で騎手が騎乗し併せ馬。この上なく時計が出やすい環境。
2頭を追走する形でテンから一杯に追われて併走馬と併入できた。同馬の脚質から行っても終いを伸ばすイメージよりも最後まで失速せず粘れるかの方が重要と考えるのでいいイメージは持てるが、t他の2頭は同馬に比べるとあまり追っていないためその点だけは見劣ってしまうがそれでも調子は良さそうでG1では足りない分ここに照準を絞ってきたかもしれない ☆☆
 
天皇賞秋:美坂 併走 蛯名 52.9-38.5-25.5-12.6 馬なり(17着)
綺麗な馬場状態での追切しっかり併せ馬が出来て併入、足もしっかり伸びており引き続き好調キープと言ったところ、正直前走のような絶好の展開で勝ちきれなかった所は、上位陣とは少し差があるのかなと思うし外枠もこの馬にとっては決してプラスには働かないと思うが頑張ってほしい ★
----------------------------------------------------------------------
⑨プリムラブルガリス 牡4 56.0  庄野 
栗坂 単走 53.8-39.0-25.6-12.7 強め
ラチと馬に挟まれているからかもしれないが、真っ直ぐ坂路を駆け上がることが出来ており東京の長い直線をプラスに変えることが出来そうな馬。手前を変えず走っており不器用そうな馬 ★
 
京都金杯:2014/01/03(金) 栗坂 良 浜中 53.9-39.4-25.6-12.4 馬也 (12着)
ラチから1頭分離れた所を真直ぐ駆け上がる。騎手が追い切りをつけておりいい気配は感じる。手前を替えるのが苦手なのか手前を替えずに走っているので本質的には直線の長いコースが良さそうだが動きは良い ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑩ショウナンマイティ 牡6 57.0 浜中 梅田智 
栗CW 単走 浜中 82.2-65.2-50.1-36.6-12.2 末強め
基本は鬼時計の出る馬で、今回は馬場のせいなのか時計は平凡でこの馬は調子のいい時の同馬はこんなもんじゃない。そして最後は自分から辞めており、足を溜めて直線で伸ばすといったイメージの追切ではなく中間追切の時計も平凡で少し物足りない印象が能力は一枚上手。取捨に困る ★
 
毎日王冠:栗坂良 単走 浜中 51.1-36.8-24.0-12.1 馬なり(6着)
手前を変えないで走ったのか体が斜めを向いているが好時計、馬なりでこの時計が出るのだから調子は悪くなさそう、この状態なら普通にこの馬からで ★★
----------------------------------------------------------------------
⑪ヴィルシーナ 牝5 56.0 内田博 友道 
栗坂重 併走 53.6-38.9-25.5-13.1 末強め
ラチ沿いを併走する内容。全体も終いも平凡時計。終いはバテたが併走馬もバテた為、先着できたようだ。今週は時計はの出ない状態ではなさそうなのでせめて終いは12秒台が欲しかった。★
 
JC:栗CW 併走 岩田 81.3-6.73-52.0-38.1-12.1 末強め(7着)
併走馬に遅れそうになったところ鞍上がムチを用意するとビュッと伸び併走馬を突き放すがまた併走馬が競りかけてきた所にムチが入り先着した。反応がいい馬だ。中1週で終いにムチが入った!これだけ動けるのだから状態はキープできていそう ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑫コスモセンサー 牡7 56.0 柴田大 西園 
栗坂重 単走 52.5-38.6-25.5-13.0 強め
お帰りセンサー!ですごくうれしく思います。
まだ、休養明けなので西園流の一杯追いは出てないがしっかりとした足取りで時計も合格点。今回同馬にラップは向かない印象だが自分からいけるタイプでもあるので波乱があるならこの馬が行ってマイペースに持ち込めたらうふふ・・。でも長期休養明けなのででいきなりは ★
----------------------------------------------------------------------
⑬コディーノ 牡4 56.0  藤沢和 
美南W 併走 北村宏 67.3-50.9-37.5-12.6 末強め
テンから併走で飛ばしてしっかり終いまで集中して走れている。
ピッチ走法で加速が早そう。馬なりで追っている併走馬について行き追われると突き放した。前走メモ(天皇賞秋)の時と同じような印象を受け良く仕上がっている ☆☆
 
天皇賞秋:美南W 併走 北村宏 65.2-49.8-37.3-12.5 仕掛ける(5着)
テンから飛ばし気味で併走馬を追走し、一杯に追っている相手に馬なりで並び、少し気合いを付けるとさらに加速し併走馬を離した。ゴール版過ぎてからもムチが入る。
時計には見えないハードな追切。前走は出遅れた時点で終わったが終いの伸びは目を見張るものがあった。今回は1枠と運(JRAさんからのチャンス提供かも)も味方しうまく先行出来れば面白い1頭 ☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑭リルダヴァル 牡7 56.0 三浦 池江 
栗坂 併走 リスポリ 52.2-38.9-25.2-12.5 末強め
坂路中頃からの映像。同馬も坂路は時計を出さないタイプの様だが尻上がりに刻めておりいい感じ。また、しっかり併走で闘争心を出せているが最後まで遅れずについて行ってほしかった。そこだけ・・・★
 
MCS:栗坂不良 併走 バルザ 53.7-39.5-25.4-12.8 馬なり(13着)
混んでいるが見た目には馬場状態はそこまで悪くなさそうで集中して追い切りが出来ていると思います。特に馬なりで追っている併走馬に先着出来た点は評価したいともいますが鞍上が先週やっちまった彼なのでね~ ★
----------------------------------------------------------------------
⑮ホエールキャプチャ 牝6 57.0 蛯名 田中清 
美坂 単走 蛯名 50.8-37.0-24.3-12.3 馬なり
綺麗な馬場状態で鞍上は騎手、時計は出やすい環境。
同馬は基本的に追切時計と成績がリンクする馬で良い時計が出ていないと良績は残さないので第一段階はクリアだが、テンを飛ばした分の好時計で尻上がりではないので過大評価は禁物。
ただ、先週もテイエムオオタカと併せて、鬼時計を出しているので調子は良さそうだが斤量が厳しすぎる・・・☆☆
----------------------------------------------------------------------
⑯ブレイズアトレイル 牡5 56.0 田中勝 藤岡健 
栗CW 3併内 83.7-66.4-51.5-38.1-12.5 末強め
吹雪で初めの方は良く見えないが、終いを伸ばす追切と思われる。
馬も反応して伸びており、集中力出来ている点は良い。動きも大きく前走もそこまで負けていない状態をキープできているがワンパンチ足りない ★
----------------------------------------------------------------------
※調教だけの評価
☆☆☆ 無し
★★
☆☆ エールブリーズ エキストラエンド クラレント コディーノ ダノンシャーク ホエールキャプチャ レッドスパーダ
 
----------------------------------------------------------------------
※ラップ適性を有する馬
サトノギャラント ショウナンマイティ ダノンシャーク エキストラエンド コディーノ ホエールキャプチャ リルダヴァル
 
------------------------------------------------------------------
※展開・脚質分布 赤字人気馬
逃⑫コスモセンサ
先①レイカーラ ②クラレント⑧レッドスパーダ⑪ヴィルシーナ⑮ホエールキャプチャ⑯ブレイズアトレイル
③ダノンシャーク④エールブリーズ⑤サクラゴスペルー⑨プリムラブルガリス⑩ショウナンマイティ⑬コディーノ⑭リルダヴァル
追⑥エキストラエンド ⑦サトノギャラント
------------------------------------------------------------------
※想定ペース M
脚質分布から  行く馬は想定が難しいが、クラレント・スパーダは溜たいタイプ。センサーは溜めても切れる脚は無いので行かないと勝負にはならないだろうが休養明けでいきなり行くかは不明
重力理論    M
過去の傾向から S
コース形態から S
結論     M分析して見るとそんなに遅くはならないような気がしてきた!
枠の恩恵を受けそうな馬
①レイカーラ ②クラレント ③ダノンシャーク
 
展開の恩恵を受けそうな馬
行けば ⑫コスモセンサー
------------------------------------------------------------------
※バイアス先週
キレな馬場でフラットな伸びどころ
------------------------------------------------------------------
※距離適性(3戦以上複勝率60%以上、上位5頭程度)
サトノギャラント 【4100】 100%
ダノンシャーク  【3543】 80%
レイカーラ    【2201】 80%
ヴィルシーナ   【2101】 75%
 
※競馬場適正(3戦以上複勝率60%以上、上位5頭程度)
エールブリーズ  【3000】 100%
サトノギャラント 【5101】 85.7%
ホエールキャプチャ【3111】 83.3%
クラレント    【3023】 62.5%
ヴィルシーナ   【2102】 60%
 
適性面からの選出馬
サトノギャラント
------------------------------------------------------------------
 
まとめ
調教評価
☆☆ エールブリーズ エキストラエンド クラレント コディーノ ダノンシャーク ホエールキャプチャ レッドスパーダ
ラップ適性を有する馬
サトノギャラント ショウナンマイティ ダノンシャーク エキストラエンド コディーノ ホエールキャプチャ リルダヴァル
枠の恩恵 枠の恩恵を受けそうな馬 ①レイカーラ ②クラレント ③ダノンシャーク
展開の恩恵を受けそうな馬 行けば ⑫コスモセンサー
バイアス キレな馬場でフラットな伸びどころ
適性面からの選出 サトノギャラント
 
その他 
・ホエールキャプチャ斤量57はジェンティル級の牝馬じゃない限り厳しい気がする
・エキストラエンドは金杯の内容が良いとメモしている。
・クラレントは得意の東京で脚質的にもいい枠を引けたし調教も良い
・調教☆☆+ショウナンマイティ+サトノギャラントで決まりそうで大きくは荒れなさそうなので買目は絞って勝負したい。
・休養明けの馬が多数おり、使ってきている馬を上位に考えたい
休養明け レッドスパーダ ショウナンマイティ コスモセンサー コディーノ ホエールキャプチャ
------------------------------------------------------------------
 
最終判断
140208の積雪による開催中止を受けて前日の判断としては少し重めの残る馬場状態と言う想定で最終判断いたします。
 
⑦サトノギャラント
〇③ダノンシャーク
注⑫コスモセンサー
 
※印の解説3着以内に入る可能性があり妙味のある馬の候補です。
今週の馬券
-③⑫ワイド
選出の理由(簡易版)
⑦サトノギャラント・・・ラップ分析において最上位の判断プラス洋芝実績もあり少し重めの馬場でも走れる適性を持ちなおかつ東京巧者、追切も悪くはなかったのでと言う事でこの馬から中心に馬券を組み立てたいと思います。
 
③ダノンシャーク・・・当初は斤量、ラップ的に大きく割り引いていたが調教の状態+重めの馬場想定と言う事なら同馬は上位に。馬場が回復し上がりの競馬になるならエキストラエンドとかクラレントとチェンジ!
 
注③コスモセンサー・・・前で競馬が出来る同馬なら重めの馬場は大歓迎。人気が無さすぎるが好きな馬なので必ず買う。
 
馬場状態がすごく悪いなら⑭リルダヴァルもすごく気になる!
 

14 東京新聞杯分析メモ①

14東京新聞杯分析メモ①
 東京新聞杯分析



スタートから250m地点までは下りが続く。また3コーナーまで約550mほどの直線のため自然とペースが速くなり、やや速めの平均ペースになりやすい。3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かるようになる。(競馬ラボより抜粋)
 
過去平均ラップ(20132004 良馬場のみ)
12.5-11.0-11.6-11.8-11.7-11.2-11.3-11.7 (35.1-34.3) M 中弛み ヨーイドン
 
ラップレイアウトを見ると下りSなので2Fに最速Rが来ますが、3F目の上り坂で失速しそのまま34Cまで息が入り最後の直線でヨーイドン決着。
複勝脚質も 逃-3 先-13 差-6 追-5 と先行有利で前からいい足を使える馬が好走している模様。
過去の上がり順位15位の頭数は 17頭 25頭 342頭 53頭 上がり3位以内は14/18の確率で複勝圏内に入るまさに早い足を使えると複勝が複勝レース。
先行脚質で有れば上がり35位程度を繰り出ると複勝圏内は堅そうで、差~追込脚質ならば、上がり13位は必須。
 
今年の展開もメンバー構成から逃aがおらずヨーイドン必死、早い上がりを使える馬が好走しそうで、過去の傾向からみても最速上がり1位は複勝圏内堅そうなの早い上がりを繰り出せる馬を選出して行きたいと思います。
 

続きを読む »

14 シルクロードS回顧

14 シルクロードS回顧
 
ブログではリトルゲルダを一応選出出来ていましたが、実馬券は今回もダメでしたね~。今回の外し方は自分の中ですごく自己嫌悪になる外し方ですごくダメな結果でした。
 
リトルゲルダ 13番人気 143.2
 
余りにも人気が無さすぎて、このオッズを見てひるんでしまい、自分の予想を貫き通せず他のブログの予想を参考にして馬券を購入してしまいました。結果はもちろんハズレ。
 
自分の予想を信じられない自分にすごく腹が立ちます。1週間、睡眠時間を削って予想してきた意味がありません。こういう事をするなら初めからブログなんてやらなきゃいい。他のブログを参考にして丸乗りした方がいいと思う。
 
今度これをしたら自分の為のブログなのでブログを辞めようと思います。気持ちを新たに今週の東京新聞杯頑張りたいと思います。
 
それと今週は資金2000円で臨んだのですが(負け続けている為)、やはりある程度資金力は無いと充分な買目を確保出来ないのでダメですね!今週はお小遣いが入るので復活できそうなので頑張ります(*^_^*)(お小遣いが入るまでは33歳なのに所持金500円程度の極貧生活)
 
1着 ②ストレイトガール  107.45-233.01
2着 ①レディオブオペラ  107.81-133.7
3着 ⑥リトルゲルダ    107.87-633.32
 
ラップ
12.2-11.0-10.9-10.8-11.0-11.5 (34.1-33.3) S
要した適性 早時計・長足・底力・瞬発型
 
 回顧①回顧②
例年よりもレベルが高いラップレイアウト。テンが緩やかだった分その後は息の入らぬ展開で4Fまで加速し続けながらも最終ラップは11.5と大きく上がらず各馬余力があったのか経済コース周回馬や前目の馬にしか勝負にならなかった。
 
上位の馬の印象
1着 ②ストレイトガール
同馬は適性違いだと思いバッサリ行ってしまった。まさに覚醒中と言った走りで適性の不利を跳ね飛ばした。覚醒中はふりを吹き飛ばすと言う事を改めて思い知らされたし自分の力不足を感じる。
 
2着 ①レディオブオペラ
藤田騎手もコメントで馬体重-14kgが原因かなと言っている通り自分のいつも通りの競馬をして最後伸びきれなかったと言った印象。追切からも特にいい印象を感じなかった点からも体調は万全ではなかったのだろう。重賞は万全ではないと厳しいと言う事が分かった。
 
3着 ⑥リトルゲルダ
好走要因として騎手が上手かったし展開・ラップ・斤量の恩恵もあった。最後は交わしたと思ったがハナ差の3着。パドックでも毛ヅヤが光っており、顔つきも凛々しく気合いが入っていたように思えた。
 
選出した馬の結果
③ブレイズエターナル
スプリント戦において先行力の無い馬はこんなものでしょうね、そこを見抜けなかった自分が情けない。この手の馬は展開が向かないと厳しいと言う事を改めて実感すると共に直線に坂のあるコースの方がいいんでしょうね
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。