スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15 日経新春杯回顧

15日経新春杯回顧
結果
着 馬番 馬名 性別 斤量 騎手 タイム 通過  上がり3F
1  4 アドマイヤデウス  牡4 55.0 岩田康誠 2.24.8  6  7  7  8 33.8 1
2  5 フーラブライド   牝6 55.0 酒井学  2.24.9  6  5  6  5 34.1 5
3  6 アドマイヤフライト 牡6 56.0 藤岡佑介 2.25.0  3  3  3  5 34.3 8
4 10 コウエイオトメ   牝7 51.0 北村友一 2.25.2  6  7  7  5 34.4 11
5 14 ダコール      牡7 57.0 福永祐一 2.25.3 13 12 12 12 34.1 5
ラップ
12.8-11.3-11.6-12.4-12.4-12.3-12.6-12.7-12.3-11.6-11.3-11.5 (35.7-37.1-37.6-34.4)
稍遅時計のヨーイドン 
 
レース全体の印象
・例年よりもラップで見ると緩い展開で終いの瞬発力勝負の競馬であったが、映像で確認すると道中は割と縦長の隊列でラップよりも消耗が激しいそうで前日の分析と同じ傾向が続いていた模様。
・ある程度前の位置取りを確保できていないと厳しい競馬。
・掲示板の馬たちは同条件での複勝実績がある
 
その他
・勝馬はSMILE 区分のLにおいては瞬発力には秀でている印象で今後も期待できる。
 
調教評価馬の成績
☆☆ アドマイヤフライト(3着) サトノノブレス(11着) タマモベストプレイ(7着) ハギノハイブリッド(6着) ホーカーテンペスト(13着)
ダメダメ・・・。
 
反省点
最終的に買い目は
・軸馬 ホーカーテンペストの複勝(爆弾)
・紅梅Sの結果を受けて標準時計のverの軸からワイド、サトノ・タマモ・ハギノの3点で爆死・・・。
 
・ヨーイドン想定の場合は時計理論<位置取り+軽斤量ベターが良い模様。
・感覚論として、他コースに比べ京都コースは京都巧者のリピート率が高い気がする。感覚的な印象なのでしっかりと根拠を導き出す事が大事。(課題)
 
ホーカーテンペストが来なかった理由を探る
・位置取りが後ろすぎた。
・実況でも言っていたように口を割っていたようでラップ的にもう少し流れた方が折り合いも付く印象。
 
最後に、日曜日にお産の為実家に戻っていた嫁と息子が娘を連れて戻ってきました。
息子が昼寝をしなくなっておりリアルタイムでの競馬が難しい状況になって来た
予想力をアップさせ事事前購入で的中させないといけません・・・。厳しいが頑張ります。
しかし、今回は少し自信があったので非常に痛いですorz。。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。