スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15 北九州記念・札幌記念回顧

 
15 北九州記念・札幌記念回顧
 
11.7-10.2-10.8-11.2-11.9-11.5 (32.7-34.6) 107.3H 前後半差-1.9
 
過去5年との比較
走破時計は5/6番目(遅い)、前半差は2/6(小さい)、上がりは3/6番目(早い)。
 
逃げグループの前3頭が暴走し、実質は前半差ほどは持続力を問われたレースにはならなかった。
ベルカントが勝てた理由もその辺にあると思います。
 
印と結果
◎ 5 ビッグアーサー (2着)
○ 11 バーバラ (4着)
▲ 2 マイネルエテルネル (13着)
△ 13 ベルルミエール (3着)
× 7 ミッキーラブソング (5着)
 
掲示板に4頭出現しましたが上位人気でしたし微妙な結果かと。
しかし、予想も前半差-2.0秒以上想定での予想なのですが、横の比較で検討した馬なので及第点と言う事で・・・。
 
ビックアーサーからは配当妙味が少なく購入していなかったためダメでした(涙)
 
 
15 札幌記念回顧
 
12.5-10.9-11.7-11.9-11.9-12.0-11.9-12.0-12.1-12.1 (35.1-47.7-36.2H 一貫
 
過去5年との比較
走破時計 2/6番目(早い) 前半差 5/6番目(前傾度が大きい) 後3F5/6番目(遅い)
 
前傾ラップのレースとなり、先行勢には厳しい競馬となった。持続力戦が得意なディサイファが適性を見せた。
ラストインパクトは0.2秒差だが掲示板も確保できない少し残念な内容であった。原因は距離短縮の分、いいポディションを確保できず、外を回らされた分ロスが大きくなった感じを受けました、残念。
 
予想
◎ ⑦ラストインパクト (6着)
○ ⑪ディサイファ (1着)
▲ ⑭ハギノハイブリッド (7着)
 
素直にダービーフィズを評価できていれば・・・。ダメダメ予想
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。