FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15 マイルCS分析メモ

15マイルCS分析
 
自分用の主観満載データ。根拠は感覚。
 
過去のレースから見られる傾向
・緩急が無い
・先~差の好走
・追込は33秒台の足
・前走は重賞で0.5秒以内の負け
 
最近の同条件の傾向(500万クラス以上)
・道悪開催が続いている。
・内枠有利
 
最近の京都外回りの傾向
・道悪開催が続いているがそれを差し引いても時計は掛かっている
京都芝1600mが得意な馬
サンライズメジャー  310180
ダノンシャーク    243190
フィエロ       1210100
 
ステップレースの分析
 
スワンS
Mの一貫。標準時計で終いまで大きく失速しない差ラップ。前の馬は持続力、後ろの馬は機動力が問われた。
ここではフィエロを評価。アルビアーノは斤量差が有るので何とも言えない。
 
富士S
Sの息の入る展開。標時計の小隊列で直線も長く前の馬には厳しい展開。
ここではロゴタイプを評価。おまけにサトノアラジン
 
毎日王冠
Sの息の入る展開。標時計、標隊列。富士Sに比べるとテンが遅く、隊列が大きい分前が走れる。
ここではイスラボニータとダノンシャークを評価。
 
その他気になる馬は
安田記念馬 モーリス 
カシオペアSのトーセンスターダム
マイラー感が強い、レッツゴードンキ
 
8頭は少し多いので直線の長いコースでの差、追込みが得意な馬は割引で
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。