スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16 安田記念回顧

 
16安田記念回顧

できるだけ時間を作って回顧だけでもやっていきたいと思います。反省だけなら俺でもできるかなと。。。

160605安田記念回顧
 
過去10年との比較(14年の不良馬場は除く)
走破タイム
1:33.0→8番目に遅い。14年が不良馬場だったことを考えると、かなり遅い走破時計の決着となった。
 
後3F
33.9→1番目に早い。2番目が13年の34.5.よりも0.6秒も早くかなり上りに特化したレースであったことが分かる。
 
前後半差
+1.1→9番目に遅い。プラス側の年は初めてで近年とは違うレース質が求められたことが分かる。
 
上記の結果より考えると、
時計が遅く、前後半差も+1.1と大きく後3Fも早いことからも能力よりも位置取りが重要なレースであったと考えられる。
また、前走海外組の他2がシンガリ、ブービーの中2着に粘ったモーリスの底力はさすが。海外遠征後の弾丸スケジュールには注意
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。